撮れそうで撮れない。


上日暮れて家路を急ぐ人を振り向かせる、笛の音。
鬼の撮影と共に、お客様を歓迎する藤本智子さん。


ダイヤでは、前回の定期公演の様子をご紹介しますダイヤ

9月から再登場の、八重西神楽団の皆さんです。

夕方の風がすっかり冷たくなったこの頃に、この日も多くのお客様にお越し頂いて、熱気に包まれる会場。

神楽がもうすぐ始まるという、こみ上げる嬉しさからすでに神楽は始まっています音符

ダイヤさて、県民文化センター前でダイヤ

『おしりが冷えるっにかっ』と、明るく笑いながら笛を響かせていた藤本さん。

藤本さんにお逢いすると、いつも元気が湧いて出てくる。

毎回パワーを注入してもらい、力が漲るような気がするのです。

何でしょうかねぇ。。人の相性というものは不思議なものです・・・



上芯の強さ、冷たさ、儚さなど持ち合わせる美人力。
五月姫:田中聡さん。


~第一幕 滝夜叉姫~

もともと原田神楽団より土蜘蛛を師事され、伝承された技芸に従って滝夜叉姫に取り組まれたそうです。

五月姫は、田中聡さんが3代目。

今では、八重西神楽団の十八番演目として知られる滝夜叉姫。

『今の滝夜叉姫はね、僕たちの頃より数段上手いし、スピード感がある。公演が増えれば練習も多くなる。沢山の人に観てもらえば当然磨かれる。』

神楽が好きで集まっている者同志、羨ましい気持ちもあると、坂本伸次団長がお話されました。



上憎々しく・・しかし忠実な夜叉丸:清中 智貴さん(高3)、蜘蛛丸:五反田直也さん。



上この演目のシンボルとなるような、独特な夜叉の面!なのに。
写真がヘタなことをこれほど残念に思ったことはありませんダッシュ
今度、舞台で見てくださいね・・・。




上27歳組みと、18歳・高校生で構成される滝夜叉姫。子供神楽で培った力は大きいですね。。。



上 『25,6年も経てば、道行きも随分変わっています。』とお話がありました。
八重西の今を舞う、大宅中将光圀:岩角(いわかど)圭太さん、山城光成:川口暖喜さん(高3)。


つづくよっ

明日の定期公演は

郷之崎神楽団の皆さんで三浦と塵倫です。

こちらの塵倫は美しいですし、三浦は、あまり見たことがないので楽しみです。

明日も県民文化センターでお逢いしましょう四葉

開場18時30分  開演19時
県民文化センター082-245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.239121秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286112