元気をもらう。


上この夜、玉藻前さんが訪ねたのは、八念寺でした。

ダイヤ琴庄神楽団の「嵐」に初めて出会ったのはダイヤ

数年前の琴庄さんの地祭り。

当時私は、私的な出来事をきっかけとして心を病んでいた時で。

この「嵐」に思わず吹き出し、数か月ぶりに声を出して笑いました。

“笑う”というのは魔法のようなものです。

そろそろ前を向いていけるのではと少しふっきれた、今でも忘れられない夜ですにこっ

~悪狐伝~

はっちゃんが終始絶好調。涙が出るほど笑い転げました。

みんな楽しそうでしたね~。

2014_1018_205515-DSC00076.jpg

上玉藻前の沖田将之(しょうの)くん。
筋書き通りにいかないはっちゃんを相手に、、柔らかな受け答え。




上ホントに素敵なコンビでした!はっちゃんは、もちろん栗栖和昭さんです。



上奏楽の皆さんもゲラゲラと。良い夜です・・・



上多くのリクエストにお応えして「嵐」。
後方に、もう一人「嵐」。




上THE・悪狐伝の場面ですね~。



上いい加減こっち見てっ!
この狐、喋るんですよ・・・にひひ




上若い舞子さんたちツヤツヤしてます。
上総介:菊本 凌さん


~土蜘蛛~

大舞台で舞われる雰囲気と全く違わない熱演でした。

舞台裏から飛ばされ、夜空を覆うくもに、童心に返りました。



上菊本靖彦さんの胡蝶、ピリッと・・・そして上品で艶めかしい。



上場面場面に見惚れていると、あっという間に物語が進んでいきます。



上表情のある鬼。



上最後の力を振り絞る土蜘蛛、仕留めるのは大仕事です!

~義経平家追討~

人の世の無常や情けを描く壮大な義経記は、物悲しさを醸し出します。

長束奉納を締め括った物語。

神楽にもこんなお話があるのかな、と思われた方もあるのでは・・・

カメラ充電切れにて、写真はこのシーンだけ。



上ほの暗い海の底から。



上ドキドキ、わーお!お見事っ

帰り道、神楽談義に花を咲かせました~四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241813秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287604