☆それゆけ☆
ダイヤ降りだしましたね。。。。ダイヤ

明日は気を付けて大朝に集合致しましょう四葉

ダイヤでは続いてはダイヤ

あさひが丘神楽団の皆さんです。

フード夜神楽・初登場となったあさひが丘の皆さん。

お話はアンパンマンこと、ポニポニ笑顔の、事務局・下田敏則さんですにかっ

いつもふざけて笑い合う下田さんですが。

この日は神楽団の縁の下の力持ちとして、ビシッーっと決めて頂きました。

o(●゚_〇゚●)=O アーンパンチッ

事務局とは・・仕入れや交渉等々、神楽団の窓口であること。

安佐動物園の近くの住宅地に本拠地を置くこと。

神楽団って何?と思われる方もいらっしゃる中、身近に活動している姿に親しみを感じて頂けたと思います。

『広島神楽を代表する、2つの鬼女の物語を演じます。それぞれがあさひが丘独自の描き方をしています。』

お客さまの期待を大きく背負って結ばれました。



上ゆらゆらと浮かび上がる怨恨。五月姫:小田 徹也さん。

~第2幕 滝夜叉姫~

最後の覚悟を決めた滝夜叉姫が心に残ります。

何が正義かという問いかけも、因縁の太刀で自害することも。

大宅中将光圀・平貞盛にとっては、将門と五月姫の無念を一生担いで生きる、一番残酷な結末と思います。



上夜叉丸:川端周次さん、蜘蛛丸:古岡和芳さん
人混みの中、この写真撮るの大変でした~。背が伸びましたにひひ




上光圀:山田悠人さん、平貞盛:藤本 靖浩さん
激戦にハプニングも。お客さんの声援を受けてより熱くっ!




上復讐の時。いよいよ荒神より恐ろしい力を授かります。



上((゚ロ゚;ノ)ノ



上しかし叶わず。光圀と貞盛は情けをかけるのですが。。。



上最後の問いかけこそ呪縛。


~第4幕 紅葉狩~

紅葉が始まる木々に囲まれて。

70を超えると言われる神楽の演目の中、最も艶やかと言われる紅葉狩です。

あさひが丘の皆さんがこの演目で大切にされているのは、その世界観。

妖美な鬼女たちは、四季の情緒と魔性そのもの。

人の心を狂わせます。



上思惑通り罠にかかった獲物に、浮き立つような鬼女たち。
更科姫:小田徹也さん、侍女:古岡和芳さん、川端周次さん。




上鬼女たちの縄張りに入っちゃった感が凄いです。いつもは背景幕を使用されるようですね。



上本性現れたり。



上勧善懲悪、迷いなしの成敗です。
平維茂:山田悠人さん、相良蔵人:藤本靖浩さん。



土日はブログお休みです
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237431秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289735