ひろーいステージ2つ。


上AMEMIYAさん。シュールな笑い音符めちゃめちゃ盛り上がりました。とても気さくで、素敵な方でした。

ダイヤフード、ご来場ありがとうございましたダイヤ

10回の開催中“2日間共に晴れ”が一度もなく、今年初めて!かと思いきや。

終わりごろに大粒の雨となりました。

今夜も冷えますね。一雨ごとに季節が深まっていきます。


ダイヤでは、芸石競演の後半ですダイヤ

~プログラム7番 滝夜叉姫 日吉神楽団~

客席からの応援が大きかったです。「日吉~」「日吉ガンバレ~」。

滝夜叉姫を舞うのは、若き、佐伯 翼さん。憎々しさを全身で舞われる姿が印象的でした。

又、奏楽にも心を奪われておりました。

どう言ったら良いか・・鮮やかで太い。そして楽しい。

小笠原 勇団長にそのままお伝えしたところ。

『美土里町は昔から、神楽団毎に奏楽の個性が豊かで。楽を聴くだけで、どこの団かすぐ聞き分けられたものです。』

今後も、昔からの胴の調子を守ってきたいと、にこやかにお話をしてくださいました。



上これから日吉の滝夜叉姫を背負っていかれる佐伯さんです。
舞い終わった控えめな表情とのギャップが魅力的です。




上夜叉丸:山崎 満さん、蜘蛛丸:山岡 譲治さん。
滝夜叉姫を一丸で盛り上げるため、舞子さんも奏楽さんも、いつもと違う役割をつとめたりと、工夫があるようです。




上憎しみや悲しみ、滝夜叉姫の中に混在するものを現す、赤。



上大宅中将光圀:西本 竜夫さん、山城光成:権軒 和広さん。
聞き惚れちゃう、喜び舞の奏楽と歌。『楽しく歌え!』がテーマなのだそうです。



~プログラム8番 鐘馗 津浪神楽団~

あれほどの大舞台ですが、鐘馗の張りのある舞の中に「ドウッ、ドウッ」と声が響いてきます。

末田 健治団長に伺ってみると。

『声を出して、自分を奮い立たせる・・というか、声を出さんと舞えんのよね。』

練習の時から、同じ気迫で舞われているようです。

『鍾馗のあの面の表情に負けん舞を舞おう、思うたら、面の下の自分の顔も、同じような表情になっとらんと。』

旧舞の部 優勝。

合わせて、鐘馗・個人賞 末本光次さん、おめでとうございます。



上茅の輪が美しい!



上二人舞いの鍾馗。練習場の広さと、芸石のステージの広さの違いは、突然野球のグランドに出たような感じ。
これまでの経験と、二人の舞子がどう息を合わせていくかが全て、と語られました。




上とにかく鐘馗はかっこいいよねぇ。。。。

またまた続くよ~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.354923秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289686