団長さんは広島弁。


上裏方さんの大仕事。

ダイヤさらさらと、秋の夜長ダイヤ

良い季節ですね・・・

今夜も芸石の舞台から~。

~プログラム3番 塵輪 川北神楽団~

塵輪を舞う佐々木一紀さんは、これから長きにわたって川北の塵輪を背負う若手さんです。

『場数を踏まにゃあ。場数を踏んで、自信をつけて、初めて自分の味が出てくるじゃろう。』

『自信は指先の所作ひとつ変えるけぇねぇ。指先ひとつの所作が雰囲気を作るんじゃけぇ。』

大倉幸人団長に、身ぶり手ぶりでお話頂きました。

旧舞の部 準優勝 おめでとうございます。



又、楽の部・個人賞、郷田忠孝さん(手打鉦)おめでとうございます。

パートナーでもあるお孫ちゃん・爽(あきら)ちゃんとの共演を楽しみにしています!



上下どこを撮っても、美しい。
仲哀天皇:郷田 亮さん、高麻呂:國本 福太郎さん。






上御幣を翳し、神の力で鬼(悪)を一歩下がらせる、力の入る場面です。


~プログラム4番 山姥 山王神楽団~

主に能から、口上等を参考にし、独自の取材を重ねて仕上げられています。

前回拝見した時とも少し違っていて、新鮮に拝見しました。

又、自他ともに4人の舞子さんの「はまり役」と言われる通り、個々の気持ちが胸を打ちます。

「全員が、体で35分を演じられる演目」というお話もあり驚きました。

『みんな、魂を込めて舞っとるけぇねぇ』と、いつもながらの情熱を込めて!田坂真吾団長です。

新舞の部 準優勝おめでとうございます。



上かつて帝に仕えていた坂田時行が死に至り都を追われた八重桐(前 翔太さん)。
その無念を語り、山姥の物語が始まります。




上 “塵積もって山姥”。怪童丸:霜江 勇弥さん。



上今生の別れに、亡き時行の形見の太刀を授けます。



上『如何に坂田金時よ』と呼びかける、頼光(藤岡 進矢さん)の人間味にホロリです。
碓井貞光:井上 亮さん。


続きます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
牽引者。
ダイヤ大粒の雨、よく降りましたね・・・ダイヤ

ではでは芸石を振り返ってまいりましょう。

毎年10月初めの週末に開かれるこの大会は。

夏の続きの秋から。

冬に続く秋へと切り替る節目のように感じています。

そしていよいよ、奉納神楽のシーズンもやってくるという昂ぶりが、静かに広がっています。

~プログラム1番 神降し 山王神楽団~

「祖霊をはじめ、天神・地祇(八百万の神々)をお迎えする舞である」と紹介があります。

神々と共に、66回の大会を脈々と受け継いでこられた先人たちの魂をお迎えして、見守って頂くためのセレモニーと思います。



上粛々と。神は井上 亮さん。

~プログラム2番 土蜘蛛 原田神楽団~

競演のトップバッターの印象の強さは、そのまま最後のプログラムまで影響するような気がします。

今回、胡蝶の熱演に会場はすっかり呑まれ、染められておりました。

巣帰りの土蜘蛛の用意を整え、花道に控える垣内和久さんが。

『じゃあ、これから暴れてきますから!』と、笑顔で清々しく気合を入れる姿。

この気概が、現在の競演神楽を引っ張っていかれているんだな~と、袖から見送りました。

垣内さん、演技の部・個人賞おめでとうございます四葉



上季武の第一声、真っ直ぐに届きます。
卜部六郎季武:舛田 洋さん、坂田金時:松長 将一さん




上競演のシンプルな照明に、胡蝶の光と陰が映し出されます。
胡蝶:垣内 和久さん。




上ものすご~く怒っています・・
数百年の時を超える恨みだからね~。


続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.245628秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296588