旧舞に染まる。
ダイヤ今週の広島神楽定期公演ダイヤ

ご来場ありがとうございました。

秋の夕暮はつるべ落とし、暖かい上着も必要になりましたね。

引き続き、毎週水曜日を楽しみに集いましょう。



上およそ30年を共にする鬼幕。異界とこの世界を隔てるものでしょうか。


ダイヤ今週は、初めてお迎えした芸北からダイヤ

雄鹿原(おがはら)下組神楽団の皆さんです。

開場後ホールに入った途端、目に飛び込んでくるのは存在感のある鬼幕。

この静かな佇まいが、神楽が始まるまでの時間を、期待に満ち満ちたものにしてくれます。

さて、雄鹿原下組の皆さんは、芸北国際スキー場、大佐スキー場の麓の地域で、現在18名で活動。

団員の皆さんは地元の方ばかりです。



上鵺が出るぞ~。

~第一幕 頼政~

現在、神武と頼政を十八番演目とされています。

頼政は十数年前に、復活された演目。

復活にあたり、当時を知る前々々団長から指導をして頂きながら、今の時代に調和する神楽へと仕上げました。

もともとは、金城・七城より伝わった六調子旧舞。

奏楽も口上も特徴あるもので、何かしら懐かしさを滲ませます。



上感情が込められた独特の旋律があり、印象的な口上。
源頼政:藪谷 大喜さん、早太:籔谷 侑平さん。




上鵺は伝説に従い、猿を表現した面です。お客さんと戯れる滑稽な役割も担います。



上鵺から、鬼へと姿を変えます。「金毛九尾の分かれ」と口上にあり、狐を表現した面となります。



上この円を描いてくるくる・・(何ていうの?)『決戦!』という場面は、見ているほうも力が入りますねグー

続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236058秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289686