伝わる人柄。
ダイヤ広島神楽定期公演ダイヤ

大粒の雨の中、ご来場ありがとうございました。

神楽への情熱は、雨とか関係ないみたい。。。にこっ

改めてご紹介いたします。


ダイヤでは湯来共演、まずはこちらの写真から~ダイヤ



上テーマ:世界で一番男前。

左から:土井 学さん、井上一(はじめ)さん、加藤 塁さん、本西 満明さん。


~第三幕 大森神楽団 天神記~

神楽団を代表するご挨拶は。

この日のために散髪をしてきた。。。

大森神楽団・西の横綱、イケメンNO1の加藤塁さんです。

加藤さんが舞台へ登場すると、会場の雰囲気がとても和やかになります。

さて“大森神楽団の天神記”とは?

『この演目は、他とは全く違う趣があり、難しく面白い。』

『特徴的なのは道真をはじめ、文化人としての香りを漂わせる登場人物。口上に耳を傾けてほしい。』

神楽の持つ顔のひとつですね。。。



上都にのぼった管秀才(吉政 友也さん)が、藤原時平との和歌の掛け合いをおこなう場面。
様子を窺う忠平(児玉 崇志さん)にも緊張感が漂います。




上追い詰められていく時平(井上 一さん)。おどろおどろしく変わっていきます。



上道真の凄まじい怨念は「雷神」と姿を変え、官秀才と共に藤原一族を討ち果たします。
(面が印象的なんですけど・・写ってないんだよね~汗



ダイヤ上演中は思うように写真が撮れんかったダイヤ

ということでもう一枚。



上テーマ:世界一、キュートlove
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235935秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289109