今夜は今夜で。


上今夜もながめましょ。

ダイヤ今夜はスーパームーンですダイヤ

天頂へと登ってしまうとなかなか大きさの実感は湧きませんが、いつもより大きいのは確かですにこっ

近づいたり離れたり、魅惑的ですねぇ。



上比較写真はWikipediaから。

遠地点41万キロ(左)と、近地点35万6000キロの比較(2011年3月)

今日は午前中が最接近でした。

近地点距離は刻々と、すでに大きく変わっていますので、あくまで参考です。


今年はスーパームーンが3回もあるという、とんでもない年でしたが。

次は来年の9月になります。

その次は2016年11月

2017年はなし!

2018年1月。

2019年2月。

2020年7月。

・・・覚えておいてちょ四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
新戦力投入。


上準備OKよ~。



上こっちもよ~。

ダイヤ幕間の末田団長のお話からダイヤ

納品まで5年汗待ちわびた神の水干について張り切ってご紹介がありました。

衣裳への思い入れ、重さ、又お値段については『軽が買えますよ。』という説明に、皆さん驚かれた様子でした。

~第2幕 八岐大蛇~

奉納以外では、ほとんど舞わないと伺っています。

以前『人がもちぃと増えにゃ~大蛇も舞えんでぇ』と笑っておられたのですが。

なんと5頭もの大蛇が!!

そしてこの日、子供神楽から育ってきた斎本初花(さいもと ういか)さん(中2)が、津浪神楽団として初めて奏楽に並ばれました。



上憧れの愛ちゃんの隣で、この日は手討鉦。
修学旅行の生徒さんにも、同じ中学生の活躍される姿を観てもらえて良かったです。


はじめ緊張した面持ちでしたが徐々に自分を取り戻し。

『今日は楽しかったです。』と笑顔でした。

笛を続けてきた斎本さんの目標は、河上 愛さん。

妹のように可愛がられ、もりもり力を蓄えられているようです音符



上取り囲まれちゃった・・



上じいちゃん、ばあちゃん仲睦まじいですな~



上初めて拝見した津浪の須佐さん。舞手は、片山大輔さんです。

明日の定期公演は

上中調子神楽団の皆さんで塵倫と承平の乱です。

平成22年に広島市内に誕生した若々しい神楽団です。

平将門を描く承平の乱、どんな視点で語られるかお楽しみに。

9月10日(水)6時半開場  7時開演

広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
神楽で歓迎。


上ありがとう!3年生15名、先生方4名。
チロルをそれぞれ分けて持って帰られました。


ダイヤ先週の広島神楽定期公演ダイヤ

津浪神楽団の皆さんの登場でした~。

優雅で美しい神楽ですよ、とご紹介できて嬉しいです。

今回は予定通り、富山県南砺市から平中学校の皆さんが来てくださいました。

昨年この会場で初めて神楽を観て、素晴らしかったので!という理由がまた励みになりますね。

無邪気に、素直に楽しむ姿にこちらも刺激を頂きました。

また来年お待ちしております四葉



上衣裳の豪華さ、うっとり・・・

~第一幕 塵倫~

それはもう、津浪神楽団の十八番演目ですから~。

又、初めて観る方が多い会場で。

『神楽の入り口としては、鬼の舞がやっぱりええじゃろう!』末田健治団長のお話です。



上異国から飛び来る鬼の姿をした大将軍も、神楽の中では格調高く描かれます。



上神のおふたりの水干が新しくなったそうで(写真が撮れなかったけど)次回ご注目くださいねっ

長くなるので分けまーす。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ゆっくり寝ましょう。
ダイヤ久しぶりにダイヤ

テニスを楽しく見ました。

錦織 圭選手、最期のインタビューまで立派でしたね。。。


ダイヤさて!24時間神楽はダイヤ

終わりを告げる2演目となりました。

気持も徐々に、終演に向かって変化します。

また集う日まで、皆さんの健やかな毎日を願います。

~第二十六幕 種神楽保存会 五神~

150年以上の歴史を誇る種神楽保存会の皆さん。

石見神楽・口上舞の代表とされる五神です。

五神の魅力を語られるのは、代表の廣中 豊さん。

『一口にまとめると、所望分け、暦の神楽です。』

『自然界の理・古人の知恵を兄弟喧嘩というドラマで魅せながら、平等に財産を分け与えることで、この世の平和・安泰を願うのです。神楽を舞う願い、そのものです。』

益田の五神の大きな面は、その神々しさが一層際立ち、圧倒されますね!



上第五王子・埴安大王登場!埴安さんは、舞人の中で花形と言われます。



上口上の意味はよく分からないけれど。分からないなりに、一生懸命耳を傾ける一時。


~第二十七幕(最終演目)益田市石見神楽神和会合同 大蛇~

今年の春発足した神和会青年部は、この24時間神楽が初の大仕事となりました。

準備を進めていく中で、青年部の結束力を高めようと、合同で大蛇をしよう!と声が自然に上がったそうです。

8頭の大蛇の中には、各社中・保存会から一人ずつ。

須佐、姫も所属団体が違います。

舞い方も楽も異なるので、およそ2か月間練習を重ね、いよいよ披露。

『各社のエース集団で舞いますので、ご期待くださいグー』とご紹介しました~。



上総力を挙げての大フィナーレ。パワフル!



上最後の1頭との格闘は、格別な緊張感がありますね。


終演後の、舞台裏の安堵と疲れはおそらくご想像の通りだと思いますにこっ

お客様も滅多にない経験だったでしょう。

しかし穏やかな、心地良い疲労感でした。

皆様、本当に本当に!お疲れ様でした四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262281秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289286