知ると広がる。


上立派な髭の持ち主。

ダイヤということで~ダイヤ

「神楽面師の管沢良典さんは、なぜ日焼けしてるのか?」という疑問から。

『またおかしげなことを・・そりゃ多少は地黒もあるよっにひひ』から始まり、面作りの工程を伺うと、なんと屋外の作業が多いのですね。

ずっと工房に座って、手作業で完成するのかと思っていました。

しかしどの工程も研ぎ澄まされた、繊細な作業には違いありませんね。



上見覚えのある面も沢山並んでいますが、やはり舞台とは違う語りかけがあります。


近くで拝見して改めて驚いたのは、姫の面の、肌の質感!

撫でてしまいたくなるような(ダメだよ~ダッシュ)上質で白い滑らかな肌。

顔を描く彩色作業の、緊張感も伝わってきます。

又、「面は横顔が大切」と伺った通り。

正面からは見えない、表情が隠れていたりします。

光と影のトリックが、役者の技とひとつになって私たちを虜にするんですね。



上下近くで拝見すると、印象が納得に変わります。




さて、中川戸神楽団、茨木で使用される鬼婆の面重ね。

実際に展示の際も、2枚重ねてあることに気が付かないほどです。

この仕掛けも、神楽団の理想を実現化したものです。

衣裳も面も、少しずつ進化をしながら、神楽の発展と共にあると実感し。

こんなに身近にある、神楽という文化の素晴らしさを誇りに思う企画展です。



上下仕掛けをなるほどとは思っても、使いこなす舞手さんの技量にも同じようにびっくり。




~神楽を支える 神楽面と神楽衣装~
管沢 良典・秀巳 兄弟展


8月17日(日)まで。
ショッピングセンターサンクス 2F ギャラリー森(しん)
開館時間 10時から18時
問:0826-72-3939

※ご本人が不在の日、時間もあります。
※今回は撮影許可を頂いております。写真を撮られる方は趣旨用途をお伝え頂き、主催者より了解をもらってください。
※作品には、自由に触れられません。主催者の承諾、立ち合いなどの確認をお願いします。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
作品として鑑賞。


上おめでとうございます四葉

ダイヤ土曜日から始まっているダイヤ

「神楽面と神楽衣装 管沢良典、秀巳 兄弟展」へ行って参りました。

日曜でもあり、沢山の神楽団、社中の皆様のお顔も見えました。



上パネルで紹介されるとかっこいいっ星

この度の展示会は「神楽を支える」というテーマが付けられており。

観る人の立場や感性で、その奥行きは限りなく広がり、深くなると感じます。

例えば、大塚神楽団で使用されるこちらの姫打掛は下

舞台では、滝夜叉姫や紅葉狩の鬼女たちの魅力を盛り立てる脇役ですが。

衣桁にかけられ照明を当てられると、感嘆の溜息が漏れる程の佇まいです。



上孔雀に蛇、蛇に彼岸花。

また、こちらの肩切は、琴庄神楽団で使用されるものですが下

なんと袖がファスナーになっており、取り外しができるのです。

そうすることによって、汚れやすい玉貫がお洗濯可能となり。

清潔に保て、長く使用できる他。

色違いの肩切を揃えることによって、他の色を組み合わせることが出来、バリエーション豊かに着こなせるということです。



上下斬新ですが合理的!





上ひとつひとつが神楽団の希望、想いとの合作です。


ダイヤ続いて神楽面・・を拝見する前にダイヤ

「衣裳も面も屋内で作業されるのでしょう。何故、菅沢良典面師は、日焼けしているのですか?」という素朴な疑問があるわけですが。

・・・ちょっと長くなるので、続きますにかっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
夏の空。
ダイヤ長い雨が上がってダイヤ

昨夜は夜空を見上げられた方も多いと思います。

大きく白く輝く望の月は、今年2回目のスーパームーンでした。

次のスーパームーンは9月9日。

通常この現象は、大抵年に一度しか見られませんが。

今年は滅多にない当たり年になっています。



上0時30分のお月様。このあと3時9分、満月。

月の公転軌道が楕円の為、地球と月の距離は常に異なります。

平均距離が、約38万4,400キロ。

遠地点では、約40万5,000キロ。

今回は約35万7,000キロでした。

過去の遠点と近点(2011年・35万6,500キロ)比較では、14%も大きく。

明るさは30%増したというデータもあり、体で感じることのできる違いと思います。

高くのぼった月の大きさは分かりにくいかもしれませんが。

地平線近くなど、顔を出して間もない月は、感覚的に大きいと感じてもらいやすいと思います。

ぜひ見てみてください。

ちなみに今年の中秋の名月は9月8日(月)です。



上遠点、近点での見え方の比較。
※国立天文台ほしぞら情報HPから



ダイヤそしてもうひとつダイヤ

夏を代表するペルセウス座流星群がやってきます。

今年の見ごろは12日深夜から、13日明け方にかけてとなります。

盆休み夏休みのナイスな天体観測ですオッケー

私も子供の頃、盆踊り大会で東の空に次々に降ってくる流れ星に。

地球が滅亡するのでは、と震えた記憶があります。

今年は極大のタイミングが13日AM9時ということや、満月に近い月が傍にあることから、あまり条件的には良くないかもしれませんが。

1時間に十数個と言われる、この流星群には期待が高まります。

うちわなどで月を視界から遮り、大きな流れ星を探してみましょう。



上広く眺めるのが理想ですが、流れ星は全天に流れます。
※国立天文台 ほしぞら情報HPから。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.259038秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284730