涙のような雨。
ダイヤ今年も8月6日が終わろうとしていますダイヤ

今年は平和公園へ行くことが叶わず、朝、近所のお寺の供養鐘で黙とうをしました。

毎年この日は、朝8時15分、この供養鐘が響き渡り時が止まったようになります。



上広島市内を眺められる、静かな鐘付堂です。聞こえるのはセミの声だけ。

広島の街ですれ違う御年輩の先輩方も、普段表に出されないだけで。

想像を絶する過去を背負い続ける方が沢山いらっしゃいます。

信じられないような、現実です。

原爆で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

この一年、安らかに祈りを捧げることのできる平和な世界でありますように。




上月齢10。満月は11日。今年1番のスーパームーンです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
今だから笑って話せます。
ダイヤ今夜は定期公演はお休みですダイヤ

水曜日の夜に家にいるのがなんとなく不思議~にこっ

では、続いて先週の様子をご紹介します。


ダイヤ幕間のお話は、もちろん油目 高団長ですダイヤ

この日、ロビーに展示して頂いた鬼着を紹介して頂きました。

神楽衣装に刺繍される生き物の紹介などから始まり。。。。

昭和56年、綾西神楽団が同好会として発足した頃には。

衣装も道具も何もなく。

地元をはじめ、人の繋がりで、一つずつ揃えることができ今を迎えているというお話も、しみじみ語られました。



上舞台で見るのと、近くで見るの、どう違うかな?


そして、展示した鬼着は、30数年前に作ったものですが。

振り返ると色々ありまして。

衣裳屋さんから聞いていた仕上がり日に取りに行くと、なんと1年後の同じ日であったり。

Σ( ̄□ ̄!) エ?来年?

「○○万」の予算で、注文したはずが。

消費税を取られて大幅にオーバーしたり。

(゚Д゚||) ヒイイイィィ

『そりゃあもう大変な想いをしましてねーっあうっ

当時の困惑を思い出してか、とても感情豊かにお話されました。



上季武:重川繁樹さん、金時:玉城(たまき)啓一さん。
玉城さんは、高校1年生、2度目の金時でした。


~第2幕 土蜘蛛~

綾西神楽団では土蜘蛛と葛城山、両演目を保持されています。

もちろん物語の流れは同じですが、構成や面などの違いがあり、舞う場所や時間などで舞分けておられるようです。



上謀が上手く運んだ様子に、だんだん所作が大きく荒々しくなります。胡蝶(土蜘蛛化身):若林 弘志さん。

ところで。

前の日は緊張で眠れなかったとお話されたのは、金時を舞った、玉城 啓一さん。高校1年生。

本番では『先輩の胸を借りて、安心して舞えました』と、経験という力を蓄えられました。

将来、舞いたい役がありますか?とお聞きすると。

『胡蝶って言え!胡蝶!・・・滝夜叉かっ?』と周りの先輩方が先に答えられますにひひ

可愛がられていますねぇ。

実際には頼光。しかも、土蜘蛛の頼光が舞いたいそうで。

『他の演目の、若々しく勇ましい頼光とは異なる表情が舞える』ことに魅力があるそうです。

そういう観方もあるんですね!私にとっても“発見”となりました。



上シンプルに技を披露!綺麗!!



上病に伏していても、毒を盛られても、やっぱり頼光。



上葛城山へと逃げ帰る土蜘蛛の精魂。
広い舞台を、一本足でジリジリと、緊張感と興奮です。




上まだまだ・・・!



上まだまだーっ



上悪事は暴かれ、手傷を負わされ、怒りに震える様子です。



上四天王が来るのを待っていたかのようです。いよいよ最終決戦。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.286745秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286196