土蜘蛛、端緒を開く。
太陽夏の高校野球・・・・太陽

広陵が甲子園の切符を手にしましたね。おめでとうございます。

新庄高校も本当によく戦って!決勝戦に相応しい試合に胸を打たれました。

悔し涙をいっぱい流して、そして次のステージへ進んでもらいたいですね。。。


ダイヤでは神楽スペシャル後半3演目ですダイヤ

まずは、土蜘蛛たちの積年の恨みが動き出す物語から。



上土蜘蛛の妖術を巧みに操り、目的達成まであと少し・・・。


~第五幕 土蜘蛛 琴庄神楽団~

崎内俊宏団長が、“琴庄神楽団の源”と断言される演目です。

当時まだ無名だった琴庄の皆さんは、原田神楽団より土蜘蛛を師事されました。

『必死でした。とにかくこればっかり、何百回も練習しました。』

切なる奮励は、やがて豊平競演での準優勝という形で実を結びます。

『信じられんくらい嬉しゅうて、嬉しゅうてね・・・』

時を経て、琴庄神楽団のエッセンスを少しずつ取り込みながら。

現在でも、ふたつの神楽団と先輩方、若い団員さんを結び付けてくれる演目です。



上低く低く、地を這う手足の長い蜘蛛のような動きです。



上大切にしていた侍女・胡蝶の命を奪われ、自らも狙われる大事件の行方は「四天王と蜘蛛切り丸」に託されます。



上役行者が妖術・呪術など修行の場としていたと伝わる葛城山。
土蜘蛛伝説との結びつきも興味深いところです。




上ありったけの力のぶつかり合いです。
・・・この後、スタッフお掃除隊もこの日一番の活躍でした~にひひ




上左から:ゼロワン・増田恵二さん、菊本靖彦さんの息子さん・竜乃心くん(りゅうのしん・小6)。お馴染み・すなっち。

久しぶりに逢った竜乃心くん。背が伸びて、手も大きくなって、びっくりました!
中学生になったら神楽を始める予定で、春が待ちきれない様子です四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236333秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296569