武勇を引き立てる華。
ダイヤ続いて、運命に翻弄される姫ですダイヤ

~第三幕 大江山 原田神楽団~

「岩屋に閉じ込められている娘たちは、いつ自分が肴(さかな)になるか分からない。生きた心地などしない、恐怖の時間が、ただ過ぎるのです。」
文一部抜粋:石井誠治さん



上突然捉えられ、恐怖の日々を送ることに・・・


『“大江山の紅葉姫”は決して主役じゃあないがっ。紅葉姫なしでは大江山の物語は流れていかんほど、絶対的な存在だと思うとります。』

塚本近団長が熱く語られます。

『本当は、神楽の中で都に連れて帰ってやりたいんじゃがっ。構成上の都合いうのもあるじゃろうにひひ

鬼に囚われた絶望。

頼光たちとの出逢いで再び動く運命。

そして都に戻れる喜び。。。

紅葉姫をはじめ、姫たちの視点に立つと壮絶なドラマが体感できますね。



上運命の出逢いです。姫からしてみると四天王こそ神のような存在だったでしょう。



上山伏問答。どうかこの方たちの正体がばれてしまいませんように、と願ったに違いありません。



上紅葉姫:上野 将さん。いつも綺麗ですね。。。
舞台袖でも男性スタッフにモテモテなんです音符




上さあ、最終決戦!もちろん。。。。



上奏楽の皆さんも一緒に舞いますよ~。楽しそうです。
特に、手打鉦が!今にも飛び出していきそうな勢いですにかっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
末拡がる「八」。


上お好み焼き屋さんのふわふわスリ氷。ピーチ太陽

ダイヤでは今日も、真夏の神楽大会の様子を・・・ダイヤ

最初の姫は奇稲田姫です。

~第二幕 八岐大蛇 後野神楽社中~

姫たちは年にひとりずつ大蛇に呑み込まれ、とうとう最後の一人、奇稲田姫が生贄となる季節を迎えました。

荒れ狂う山の神・水の神から、大地の神が武勇と知恵で稲田の神を救い、豊かな国が拓かれるという壮大な物語。



上なんと8頭の姫とり!
いつもは豊かな実りを授けてくれる神々が豹変する恐ろしさを語ります。



『このお話の至る所に、米作りで生きてきた先人たちの習わしや願いが見て取れます。

奇稲田姫は、古代の人々が命掛けで米作りをしていた証のような存在ですかね・・』

虫谷 昭則代表のお話です。

それにしても、後野神楽社中の奇稲田姫の美しいこと!

石見では大蛇は格別な舞ということで。

天照大神の尊さに次いで、奇稲田姫への想い入れは強い!ということでした。



上たったひとり残された、慈しみ育ててきた姫。親子の別れの場面に共感する方も多いでしょう。



上舞台、音響、照明、ドライのスタッフのみんなも張り切ってまーす。



上下奇稲田姫の震えが伝わってくるようです。





上姫を守る須佐、めちゃくちゃかっこいい~。
そりゃあ、仲睦まじい夫婦の神様として信仰を集めるわけですよ~。


続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265979秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289724