貫徹。


上舞台袖。7人目の姫と大蛇が話しています。
『ガブっといくけど、ごめんね』・・・って感じかな?


ダイヤ幕間のお話は山下 清隆団長ですダイヤ

祖父の影響で4歳から神楽をはじめ、当然のことのように、年月の移り変りを神楽と共にしてきたそうです。

先輩として、団員さんへの一番のアドバイスは。

「何があっても神楽を続けていけ。」ということ。

「これからの長い歩みの中で必要なことは、神楽から学ぶことができる」というものです。

若い団員さんが、山下さんと同じような年齢となる頃。

自分の言葉として後輩を育て、伝えていけたら素晴らしいですね。



上大蛇の頭の中は・・・ひとりひとり違う、手づくり空間。

ダイヤさて、この日は、大蛇の8頭出しでしたダイヤ

その中に買ったばかりの頭、胴もあって、縁起が良い感じがしました。

せっかくなので、頭(かしら)をどんなふうに被るか、どうやって動かすのか、頭の中はどうなっているか、などご紹介して頂きました。

仕組みに納得はしても、実際に暴れまわる大蛇への驚きは、変わりませんけどね~。



上きききっ、きてるよっ後ろからっ!って、小さい頃、境内で叫びませんでしたか~?


~第2幕 八岐大蛇~

須佐を舞う、坂本大輝さん(高1)。

神楽の中でも重責と言われる須佐之男命を舞えて嬉しいと思うと、素直な喜び。

下河内神楽団には、歳が近い団員さんが多いことについては・・・

『神楽ではライバルなので。自分がやりたいこと、やっている事をアピールし続けないと前に出られないと思っています。』

しっかりしとるぅ・・・本当に高校生かっにかっ

更に。

『お手本にしたい神楽があれば、そのまま真似するのではなくて、一旦自分の中で試行錯誤して、下河内に取り入れられる形にしてから、皆に相談するようにしています。』

普段から繰り返し考えていることは、「伝わる言葉」に変わります。

ぜひ、また、お話を聞かせてくださいね四葉



上じいちゃん、ばあちゃんを舞い終えて、大蛇に変身!これで8頭揃いました!



上中国山地の豊かな四季の彩りに思えます。



上寝ている間にやっつけちゃえばいいのに!って、小さい頃境内で思いませんでしたか~?



上相手は8頭。まさに八岐大蛇との激戦がはじまります。



上撮影会は大盛況。居所もないので袖にいます。



上新しい頭を被らせてもらいました。塗料??新しい匂い~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.2363秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3288013