宝。


上一方には、龍と波が施されています。

ダイヤ幕間のお話は、佐々木 正団長ですダイヤ

佐々木団長は、大蛇で手名椎を舞われますが、翌日は足が張って張って、ことにならんそうです・・・にひひ

さて、ここでは、今吉田神楽団の皆さんが大切にしておられる、太鼓台についてご紹介を頂きました。

“昭和31年”と記された、この風情のある太鼓台は。

指物大工をされていた先輩お二人が、共同作業で作られたもの。

それ以来約60年、今吉田の神楽を支えています。

途中ひび割れが出来たり、多少の不具合も生じながら、その都度修理を施して現役続行なのだそうです。

働きものですね~にこっ



上もう一方は、雲と波。遠目からみても大きな存在感です。


昭和21年に発足した今吉田神楽団。

(10年を祝って作られたものかなと勝手に考えてみたりします)

きっと我が神楽団の未来への発展を、一刀一刀念じて彫り込まれていかれたのでしょう。

お二人の先輩方は、既に旅立たれ。

幾つかの世代交代も果たされました。

それでもこうやって、大切にされながら残っていくものも、あるんですね。



上新人さんの登竜門のひとつ、大蛇の姫。

~第2幕 八岐大蛇~

「姫は新人が舞う。見て覚えろ。」という人を育てる演目である一方。

「まつりを締め括る大蛇は、盛大で見る方も舞う方も愉しくないといかん。」という演目だそうです。

又、今吉田の最期の大蛇は赤。吉田和雄さん。

彼が一番スタミナがあるからですよ、と周囲の方のお話でしたが。

『若いもんとかに極力振るんですけど、結局戻ってくるんです。何でですかね・・・』

いい事じゃないですかっにかっこれからもガッツリ暴れましょう!



上爺ちゃんがちょっといなくなった隙に・・



上『こらこらこらーっ』爺ちゃん大慌て。



上戦う婆ちゃん。青の大蛇としばらく1対1で格闘。



上美!

2014_0618_203656-DSC05826.jpg

上赤大蛇、吞み過ぎたようで・・・。

2014_0618_203746-DSC05827.jpg

上『ハッ!なんか今、後ろの方からちょんちょんって・・・??』



上須佐之男命は、松本一樹さん。(胡蝶に続いて舞われました。)
合戦の後、息切れもせず、重みのある口上。面も付けてるのにスゴイなと思いました。



さぁ~て、来週の定期公演はぁ

佐伯区の下河内神楽団の皆さんで、滝夜叉姫と八岐大蛇です。

(紅葉狩から、滝夜叉姫に変更となっております。)

会社帰りに、貴船の社に願をかけませんか~。

広島県民文化センター(中区大手町)

6時半開場、7時開演。

問:082-245-2311
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.251087秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289728