雨の日と絵本。
ダイヤ定期公演でしたダイヤ

大粒の雨の中のご来場ありがとうございました。

宮乃木神楽団の皆さん、神楽の楽しさがぎゅーっと詰まった舞台でした。

盛況な会場、力の入った沢山の拍手を頂きました。

またゆっくりとご紹介します。



上第一幕・岩見重太郎から。狒々:田村和也さん。
愛嬌と恐ろしさで、お客さんの心を鷲掴み~



ダイヤさてさて、水曜は・・・・ダイヤ

小学校の、絵本読み聞かせの日でもあります。

早朝よりドッタンバッタンなんとか家を飛び出します。

今朝の担当は1年生。

少し早目に教室に入ると。

すでに机と椅子は後ろへ下げられ、読み聞かせ用の椅子が黒板の前に用意されて。

みんな体育座りで待っていてくれました。

4月に入学したばかり、まだほとんどの子が6歳なんですよね。

大したものです!

それにしても、1年生ちっちゃ~い・・・ひよこ

絵本を読み始めると、クリクリキラキラと、前のめりになって。

子供たちの絵本への集中力はすごいな~と、いつも嬉しくなってしまいます。




上「きんぎょのうんどうかい」(高部 晴一・フレーベル館)

絵もレトロな雰囲気で良いんですよね~。

ダイヤそして今朝の絵本は・・・ダイヤ

暑くなってきたことと、運動会のシーズンであることから。

「きんぎょのうんどうかい」。

金魚の“あかさん”が、小学校の運動会へ連れて行ってもらって、障害物競走に出場するいうお話です。

この“あかさん”という金魚、人間と普通に話をするし、上から目線だし、気に入らないことがあると舌打ちするようなキャラですが。

喜怒哀楽豊かで、がんばりやさんです。

大人にも人気のある世界観です。



上学校の遠足に連れて行ってもらって、動物園で大はしゃぎする「きんぎょのえんそく」

仲間のために、悪者ザリガニ「ガ二ラン」と戦う「きんぎょのおうち」

他にもいろいろ出ています。


ダイヤところで、神楽では抜群の人気を誇る狐!ダイヤ

絵本でもいろんな表情を見せてくれます。

おススメを2冊。



上「きつねのおふろ」(国松エリカ・偕成社)

獲物をだまして茹でて食べようと、銭湯を開いた狐ですが。。。

大繁盛するものの、思惑とは少し違っていました。

・・・ゆる~い感じですにこっ



上「きつねのおきゃくさま」(あまんきみこ・サン リード)

太らせてから食べようと、ヒヨコやアヒルの世話をするきつね。

生れて初めて「優しい・親切」と言われて、うっとり、気絶するほど嬉しかったのです。

笑いながら読み進んでいくのですが、結末は涙でいっぱいになります。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2018年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260379秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2765878