斉藤裕子でごじゃるよ~::2014年06月09日

誇らしく舞う。
ダイヤ今夜は、先週の定期公演の様子です。ダイヤ

この度は、宮崎神楽団の皆さんでした四葉

宮崎神楽団の皆さんには、安佐北神楽発表会を初めとして。

100周年の記念大会、山羊の件(またご紹介します)等、様々にお世話になっております。

白木町の道場に初めてお邪魔した際には。

八千代の国道54号線から、ゆずりは農道に入ってすぐ、一頭の大きな鹿が出向かえてくれました。

不思議なことに、側を通る車も、鹿のほうも、お互いを気にする様子が一切ないのです。

道場に到着するまでにも次から次へと鹿!鹿!鹿っ!!

白木町の道路はゆっくり走った方が良いですね。。。



上こちらは、数頭で田んぼで飛び跳ねていた鹿。車から降りて近づくと、山へ入って行きました。


ダイヤさて、そんな宮崎神楽団の皆さんのダイヤ

定期公演の始まりは、思い入れの強い代表演目・滝夜叉姫です。

~第一幕 滝夜叉姫~

葛城山、紅葉狩などと並び、師匠神楽団と仰ぐ横田神楽団より師事され。

団員一同、一番に!気持をひとつに、力を出すことが出来る演目なのだそうです。

又、今年10月に開催される陰陽競演では、横田神楽団の皆さんと同じ大会へ出場されることを心から喜んでおられます。

『錚々たる神楽団の皆様方と、陰陽競演大会への敬意を表して、力いっぱい舞わせて頂きます!』と背筋の伸びる想いを語られました。

但、演目などの競合で、現時点では葛城山になりそうとのことですが。

それも自分たちの幅を広げるために必要なこと、有難いですね・・・と清々しい決意です。

(※陰陽競演については、後日詳細が発表されますよ~。)



上滝夜叉姫:西川 博さん。
滝夜叉姫を師事した後に“うちで習った演目とはいえ、徐々に自分たちの滝夜叉姫を演じれば良い”と横田神楽団よりアドバイスを頂き。
主役を演じる心構えとして『変えて良い所、変えてはいけない所をよく考えて舞っとります。』とお話されました。




上悪には悪の華やかさ、正義には正義の華やかさがありますね。
衣裳にも視線が集まります。
大宅中将光圀:中矢 和明さん、山城光成:市川 雅裕さん。




上すっごく悪そうにひひ何度も繰り返すのですが・・・夜叉丸・蜘蛛丸には、いつも、かなり注目しております。
夜叉丸:西原 弘明さん、蜘蛛丸:佐伯 剛さん




上ぐぐっーっと舞台前に。お客さんの頭が、思わず後ろに下がります。

続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2018年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.324662秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2617832