斉藤裕子でごじゃるよ~::2014年06月01日

豊穣祈念。


上飾り牛、今年は14頭。モーモー鳴きながら代かき中。

ダイヤ壬生の花田植合同祭でしたダイヤ

暑かったです汗

午前中の神楽会場は早朝にも拘わらず、全国各地からのお客様で賑わいました。

熱気と興奮と大声援でした。

神楽の様子は、また後日ご紹介しますね。



上神楽の会場に早乙女さんと、サンバイの金子さんが花田植の実演にこられました。
早乙女さん達の一番の楽しみは・・・毎年花田植が終わった後の“仕上げビール”だそうです。



ほぼ予定通りにプログラムを終え。

花田植会場に向かいました。

初夏の一大絵巻とうたわれる、米作りが生んだ民俗芸能。

人が多くて多くて・・主催者発表は、1万1千人でしたね。

背伸びして撮った写真はこちらっ



上遠っ汗さすが、西日本最大規模の花田植です。



上こちらは筏津神楽団・水口一真さん、貴大さんのお宅の「銀子ちゃん」。追い手はお父さんです!



上カラフルなお洒落さん音符生まれてからすぐ始まる訓練は、道を歩かせたり、右方向左方向へ操る練習などなど・・・


~先回りして、牛の控え室・壬生神社で帰りを待つことにしました~



上帰ってきた!皆さん暑さでしんどそうです。



上今年も、刈屋形神楽団の酒井邦昭(くにあき)さんにお逢いしました~。



上ご家族での大仕事です。



上7歳になる「ひらやまはな」も頑張りました。人間でいうと60歳くらいの体力になるそうです。目が・・・モーうつろです。



上鞍を降ろし・・・次に首玉(赤い太い紐)を外して・・・



上これで涼しくなりました。体に触ると、汗で熱く湿っていました。角の塩は清めでもあり、塩分補給のため途中舐めさせるものでもあるそうです。



上普通の牛に戻ったけど、でもなんだか裸みたいに見えるのはなぜ?


関係者の皆様、本当に!お疲れ様でした。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2018年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.283002秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2617831