네 안녕하세요?
ダイヤ夕方のテレビご覧になりましたか?ダイヤ

鈴張の皆さんと、夏本秀典団長、イキイキ音符されていましたね~。



上広島テレビのインタビューを、格好良く受ける夏本団長。
ディレクターさんもノリの良い方でして、この写真は・・やらせですにひひ



ダイヤ幕間の展開で、もうひとつ印象的だったことダイヤ

面の紹介をされる夏本さんの傍らで、お手伝いしてくださった大太鼓・橋原慎也さんに。

奏楽の魅力とは?と突然伺った際。

ざっくりした質問に『ムズカシ~・・・』と笑いながらも。

『僕は、舞との一体感ですね。』と、きっぱりとおっしゃいました。

インタビュアーという仕事柄、又、体験上、実感していることですが。

突然マイクを向けられると“素”に戻る方が多く。

その時に、普段考えておられることが、最初に出てきます。

(意地悪な、生意気な言い方でとても感じが悪いですね。すみません汗

舞子さんの口上のタイミングを見ながら。

橋原さんが、太鼓をそっと手で押さえる姿など、舞台のメリハリを作る姿を拝見していて。

“一体感”という言葉に一番感動していたのは、私かもしれません。

・・それで何が言いたいかって。

これからも、どなたにでも突然マイクを向けることがある!ということです。

*´∀`)ゞ ヨロシクオネガイシマスッ



上にょろり~ん橋原慎也さん。


~第2幕 源頼政~

かなり以前から手元にあった石丸台本を、およそ3年前に仕上げました。

鵺の愛嬌の良さを散りばめ、お客さんと触れ合い、悪狐伝と並ぶおまつり演目として捉えておられます。

鵺は、滝夜叉姫を演じた竹迫正棋さんが舞い、この日は続けて2回も成敗されたことになりますね~。




上頼政が、左大臣・藤原頼長より鵺退治の勅命を受ける初めの場面です。頼長:角田(かどた)浩一さん。



上頼政:山中 数人(かずと)さん、猪早太:石川昌士さん

山中さんのニックネームは「たまご」さん。

なんと!名付け親は、宮乃木神楽団の管沢秀巳相談役と、琴庄神楽団の崎内俊宏団長だそうです。

親しみやすく、ご本人も満更ではなさそうです。

たまごさん、たまちゃん、たっくん・・・




上こわっ!でもこれから会場降りて暴れま~す。
お客さんは客席から手を伸ばし、ひっぱりだこでした。



明日の定期公演は

吉和神楽団の皆さんで、塵倫と安達ヶ原ですよ~

6時半開場・7時開演

中区大手町、県民文化センター
082-245-2311

5月、引き続きポイント2倍でお待ちしていま~す。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.233941秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299113