結びは広島神楽。
ダイヤフワラー神楽結んでいきまーすダイヤ

『とりを取られるのは広島神楽・山王神楽団の皆さんです!』

とご紹介した後、会場から、ワーッと大きな拍手が起こりました。

他地域の神楽の熱い気概に触れ、その素晴らしさに魅せられた分だけ。

広島神楽への激励と愛着の気持ちが湧き上がってくるようでした。

やはり、故郷の神楽。

神楽は郷土愛ですね。


山王神楽団

第一部 滝夜叉姫

数年ぶりに拝見し、全く新しい滝夜叉姫に生まれ変わっていました!

場面、場面に、山王の未来への想いが込められています。

まだ多くの方が目にされていませんから、ここでは詳しいご紹介は控えようと思います。

六月の千代田競演に、この演目で臨まれます。

ご注目ください四葉



上貴船の社へお参りする五月姫。
傘をさし、人気のない夜道を急ぐ姿はまだあどけなく、恨みや妖の世界とは無縁のように思えます。




上インパクトのある面です。実際に観てね。


第二部 大江山

山王は今充実していますよ!

と、田坂真吾団長が明るくお話されました。

この大江山は、舞人・採物・衣装それぞれの組み合わせがいくつか存在し、団員さんもその都度新鮮な気持ちで取り組める演目なのだそうです。


ところで、「日本最強の鬼伝説・大江山」

酒天童子は中川克也さん。

中川さんは、山王を代表する“酒豪”なのだそうで。

「山王最強の酒呑み伝説」を、日常で舞っておられるようです。

どうりで、宴の楽しさがしっくりナチュラルなわけだ~にひひ



上紅葉姫:増野夏海さん、すっかりお姉さんになって。。。
哀しく震えるような情感ある口上。山々に響いては消えていく様子が浮かんでくるようです。




上中川さんの鬼、ファンが多いです~。私は賊も好きです~。
平田俊文さんとの、賊のコンビがたまらんです音符



明日はブログはお休みです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.242755秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287928