アンテナ。
ダイヤ神楽の宴・初披露の演目ですダイヤ

~第五幕 石見神楽 佐野神楽社中 有明~

前回の三上山に、度胆を抜かれたお客さん多数。

そしてこの度も、上演前のご挨拶から佐野さんの存在感を発揮。

上岡直晴代表の『元気ですか~?!』というはつらつとした掛け声で始まりました。

マイクが全く必要ないインタビュ~にひひ



上有明は障子を使用します。上演毎に建具の組み立てから準備。毎回障子も張り替えです。


さて、この有明。

佐賀県に伝わる化猫退治のお話なのですが。

その出逢いは、なんと・・・「テレビで見かけた」こと!

直感に動かされ調べるうち、確信へと変わるや否や、神楽化していたということです。

そして、秀林寺というお寺に猫塚を残す、杵島郡白石町を訪れ。

市長さん他、地元の皆様に見て頂き、盛大な拍手を励みに、オリジナル創作神楽として今日まで舞い継がれてきました。

もともとこの物語は、江戸時代後期に芝居化されたり、その後も講談や映画として親しまれてきたようですが。

石見の地で神楽として脚色され、舞い継がれていく、ご縁の不思議を思います。

星ざっくりあらすじ星

佐賀国主・鍋島信濃守は、夜毎悪夢に魘され衰えていきます。

近習頭の重松進左衛門(しんざえもん)と、鷹方狩猟頭の千布本右衛門(ちぶもとえもん)は、主君の側室・お豊の方に乗り移った、七つの尾を持つ、怪猫の仕業と見破り退治します。

しかし「積悪高き白猫なれど、命を落とせば尊き仏」として、庵を建て、奉ります。





上お豊の方に憑依するものの正体を既に知る、千布本右衛門。
この後、その正体が明らかになります。




上壮絶な戦いのその終わりには、猫の御霊を慰め手を合わせるのです。神楽・有明の一番大切にされているところかもしれませんね。

長くなったので続く~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.280188秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287939