糧。
ダイヤもう4回目の開催となりました!ダイヤ

広島神楽定期公演。

今週も多くのお客様に足を運んで頂きました。

拡がりつつあるのかな?だったら嬉しいですね~という話をしています。

神楽団の皆さんのご協力を頂きながら、相変わらずコツコツと。

スタッフもアイデアを持ち寄りながら続けて行きますので。

気軽に遊びに来てくださいねにかっ



上噂の“あの面”。先輩たちから受け継いだものを複製された、思い入れのある面。

ダイヤ今回は旭神楽団の皆さんでしたダイヤ

1月の牛久公演から、久しぶりにご一緒出来ました。

現地での前日の懇親会では、若い団員さんが中心になって。

お世話をしてくださる地元の皆さんと、積極的に交流を図られていた姿が目に焼き付いています。

~第一幕 大江山~

『旭の大江山といえば、あの面だね!』と周囲から聞かされて、楽しみにしていました。

古くから伝わる台本を基に受け継がれている大江山は。

初めて耳にした、酒呑童子の口上が面白くて・・・

「猫の口髭にまんまがついて、それを鼠が笑うが如く、とろうと思うてとられなよ。」

(すっかり騙されてまったが、やりかえすぞという意味)

他の神楽団にもある口上だそうですが。

新しい酒呑童子に出逢えた気がしました。

さつき選抜と、千代田競演は大江山で臨まれます。



上頼光:菅田 淳さん、綱:隅中 裕幸さん、金時:石原大志さん。
気高い英雄たちの登場です。




上紅葉姫の心の底からの寂しさを、砂田寿紀団長(大太鼓)がうたいます。



上問答に納得する酒呑童子。
頼光たちが三世ヶ託の神より授かったのは、右口から注げば活力を生み、左口から注げば毒となる人便鬼毒酒。



ダイヤ幕間の砂田寿紀さんのお話ダイヤ

まずは、お客さんから、神楽って県外でも舞うことがあるんですか?という素朴な驚きと感想を頂いた、茨木・牛久公演のお話から。

『飛行機とか新幹線じゃないんですよ、バスですよ!これだけでグッタリしました。
しかも当日は、9時(リハ)から本番終了(3時半時くらい)まで叩きっぱなしで・・・いや~一生懸命だと何でも出来ると思いました。・・・ちなみに帰りもバスですよっ汗

と、お客さんを湧かせにひひ

『お話が決まってから当日までは気を揉むばかりでしたが。そこで頑張って仕上げた色々なものが、これからも支えてくれると思いますし。
何より公演後は団員が自信をつけて、一回り大きくなってくれたように感じています。』

と、結ばれました。

そして、さつき選抜と千代田競演のご案内をしてくださいました。


~第2幕 八岐大蛇~



上牛久での、姫とりの場面のリハを思い出しました。
本当に何度繰り返したか・・・ピリピリと、又、激が飛ぶ中でスタッフも必死でした。




上手名槌(西岡 宏明さん)は、なんちゅーか、微笑ましい雰囲気なんです。



上美味しいお酒が出来上がるのを待ってるんだ~音符



上幣の力により、姫の姿を大蛇から隠し。
酒に映った姫を、大蛇が飲み干すというお話ですね。




上武速須佐之男尊を舞う菅田 淳(あつし)さんは。
須佐之男尊は自分にとって最高の神であり、憧れであるとおっしゃいます。
その須佐を舞ませてもらうことは誇りであり、感謝です!と熱く語られました。



星撮影会・今日のキラキラさん星

最近になって神楽に興味が湧いてきたとおっしゃるご夫婦。

子供のように無邪気にはしゃぐご主人を見て、奥様も楽しそうです。

早速湯治村に、宿泊を兼て神楽を見に行く予定を立てられているそうです~。



上大蛇と仲良し四葉


次回は、4月30日(水)6時半開場 7時開演

上石神楽団:塵倫・八岐大蛇


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.244386秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299049