個性のリレー。


上携帯ガス窯で、美味しいピッツァを焼いてもらいました音符

花お花見でした~花

豊平は今が盛で。

雨に艶を増した桜が一際浮き立ち、幻想的でした。

この春最後のお花見は、ストーブを囲んで話が弾みましたにこっ

忙しい中、準備等々ありがとうございました。

<(_ _)>


ダイヤさて、豊平といえばダイヤ

先週2回目の開催を迎えた、広島神楽定期公演。

西宗神楽団の皆さんでした。

『西宗神楽団頑張って~!』という、会場の応援団の掛け声で始まり。

広島神楽の魅力がたっぷり詰まった、神楽が初めての方にも流れが分かりやすい“紅葉狩”を堪能して頂きました。



上第一幕・紅葉狩。

雄々しい英雄たちと艶やかな姫たち。印象に残る場面だと思います。



又、幕間には西村 豊団長が登場。

この日、西村団長は紅葉狩で姫を舞われ、その後の大蛇ではスサを舞われたことから。

姫を舞う心構え。

そして次に、スサを舞う心構え。

更に!同じ神でも、新舞(紅葉狩)の神と、旧舞(大蛇)の神とはまるで違うものだと丁寧に説明してくださいました。

どの役をどんな気持ちで舞っておられるか、会場の皆さん、興味深々ですね。



上前半のゆったりした雰囲気とは全く違うスピード感で、お客さんを巻き込んでいきます。


ダイヤさて、西宗神楽団にはダイヤ

ここ最近、高校生や大学生などが次々と入団され。

めちゃめちゃ活気づいております星

若い皆さんは明るくよく動き、神楽が楽しそうです。

その様子を見守られる、顧問の迫本哲憲さんは。

『色んな神楽がある中で、西宗に入ってくれたいうのは嬉しいことよね。

これから5年先、10年先の西宗を託すんじゃけぇね。

その時どんな時代になっていても、自信をもって西宗の舞を舞って欲しいと思うとります。』

神楽歴58年。

迫本さんからガツガツと西宗の今昔を習い。

沢山の引き出しを持って、活躍されますように!


~第2幕 八岐大蛇~

8頭出したかったのに!7頭しか舞人がいなくて・・・7頭じゃあ組みにくいし、結局6頭になったんですよ~汗

と、西村団長が悔しそうでした。

いえいえ。舞台を前後左右思うように動き回る大蛇、子供から大人まで童心に帰って楽しんでおられました!


又、最後の撮影会では、大蛇を怖がる子供たちが沢山いたのですが。

蛇胴から両手を差し出して『おいで。』と優しく声をかけた途端に。

大蛇に走って飛びついていく子供たちの姿がありました。

細やかな配慮に心から感謝いたします。



上幕裏に、全員の「気」が集まっています。



上そろそろお酒が出来るころかな~?ちょっと様子を覗き込む大蛇。



上美味しそうな匂いにつられて・・・



上大蛇とスサの風を感じるために、最前列に座るか。
フォーメーションを眺めるために、離れて座るか。迷うとこだねぇ。




上撮影会は盛り上がりは本当に凄いです。お客さんは“体験すること”を喜ばれますね。


次回の広島神楽定期公演は!

4月16日(水)19時から。

広島県民文化センター(中区大手町)にて。

阿坂神楽団の皆さんです。

葛城山と鈴鹿山。。。豪華ですね~。



| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256852秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287926