☆メラメラ☆
ダイヤでは、湯の山温泉桜まつりを続けま~すダイヤ

続いては、ゲストの三谷神楽団の皆さん。

水内神楽団の皆さんとは普段から親しい交流があり、このお祭りには毎年出演されています。



上瑞希ちゃん(前・右)進学おめでとう。素敵な学生生活を四葉

~第四幕 三谷神楽団(友情出演) 矢旗~

さて、三谷神楽団は。

「足袋から火が出るほど舞う」がモットーですから。

今日も楽しみにしていますね、とお伝えしたところ。

鬼を舞う菊谷真沙志さんが。

『足袋なんて当然ですよ。今日は鬼袴が火を吹きますから!』

w(゚ロ゚;w な、な、なんてこった。

さ・す・が。

7人のお子さんのパパであり、三谷神楽団最大派閥「菊派」の長であります!

加えて、弥生の交流神楽では、インフルで舞えなかったもどかしさもあって・・・。

そんなこんなで。

地元の皆さんには、すっかり馴染みの奏楽にのせて。

今年、配役を変え、力を注ぐ、新生・矢旗を披露されました。



上“我が国に支障をきたす鬼”恐ろしく大きく、又、優雅。
大魔王:森脇真悟さん 手下:菊谷 真沙志さん。




上誉田別命:市田直己さん 二神:木下弘文団長。
市田さんも、弥生の交流神楽ではインフルでしたよねーにひひ
リベンジ!矢旗!



~最終演目 水内神楽団 大江山~

三谷神楽団の大江山から口上などもそのまま頂き、水内神楽団の新舞・大江山として注力。

『あれほどの大江山を舞って良い言うて了解をもらったんじゃけぇ。
わしゃぁねぇ本当に嬉しかったんよ。』と、西 泰彦団長が繰り返されます。

昨年の秋奉納には、三谷のお宮で、この大江山を披露され。

三谷の氏子の皆さんからのあたたかな拍手に、安堵と再出発の気持ちを新たにされたそうです。



上酒呑童子:森下幸則さん。終演後、三谷の酒呑童子・梶原信吾さんと話し込む姿が印象的でした。



上三谷の大江山を、時間をかけ、新舞として水内の特性を持つ演目へ育てたいというお話です。



上華やかに、今年の桜まつりを締め括ります。
源頼光:矢野宏和さん(中)、藤原保昌:竹下 亮太さん(左)、
坂田金時:武田 悠太さん。



今年もお世話になりました。(*^_^*)
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.231651秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118