あらすじに沿ってご紹介。
太陽眩しい空ですね~太陽

花粉やら、あれやらこれやら、いわゆる塵輪のひとつが・・・

(>ω<)゙ ヘクシッ


ダイヤではでは、湯の山温泉さくらまつり続きますダイヤ

地元・佐伯区の歴史と魅力を伝えたいと創作され。

昨年初披露となった「長門彦島(ながとひこしま)」。

『地域の英雄の物語を、良い神楽にしたいと一生懸命取り組んできました。皆さんに、一緒に育ててもらいたいと思っています。』と、西泰彦団長のお話がありました。

舞台は平安時代末期。

まずは、歴史等の背景から。

①彦島は→下関市にある島。壇ノ浦の合戦で平家が本陣を敷いた場所。

②主役である佐伯景弘(さえき かげひろ)は→平安時代末頃、現在の佐伯区を含む広島県西部地域で佐伯郡司(地域の長)を務め、厳島神社の神主でもありました。

安芸守・平清盛に仕え、厳島神社経営に関与し、平氏姓を名乗ることを許されるほどの信頼を得ます。

又、源平合戦では一貫して平家に忠義を尽くし、義理人情熱い人柄が伝えられます。

~第三幕 創作神楽 長門彦島~



上清盛亡き後、壇ノ浦の戦い・平家の窮地に、長門彦島へと急ぐ佐伯景弘(矢野宏和さん)。ここから物語は始まります。

~あらすじ~

長門彦島で、清盛の妻・時子から平家の覚悟を聞かされた景弘は。

清盛の残した厳島神社を守るために断腸の思いで平家に別れを告げる。

平家滅亡の後、鎌倉から、壇ノ浦に沈んだ宝剣「草薙の剣」を探し出すよう命が下る。

景弘も捜索に加わるが、宝剣を得た海神龍王の抵抗にあい、難攻する。

ここに厳島明神・市杵嶋姫命が降臨し、景弘を助けて宝剣を取り返す。

しかし景弘は「この剣にこそ清盛の魂あり」と剣を鎌倉に差し出さず、市杵嶋姫命に捧げる。




上清盛が信仰した厳島神社を託したいと、参陣した景弘に帰るよう促す時子(西廣直明さん)。
時子の凄み、壮絶な人生を思います。




上海神・龍王:(坂口 雄太郎さん 森下幸則さん)。
壇ノ浦合戦の際、安住のすみかを汚され、怒り狂う姿で描かれます。
入水した時子から草薙の剣を奪ってしまいます。




上龍王との闘いに苦戦する景弘に、厳島明神・市杵嶋姫命(宮木慎平さん)が降臨し宝剣奪還に力を貸します。



上清盛への恩義、忠誠から、宝剣を市杵嶋姫命に捧げる景弘。
命は宝剣を持って昇天します。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.257386秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287622