絵詞(えことば)。


上この度は、保存会・社中さんによって楽の位置が違っていました。
正面、下手、上手。。。同じ島根でも色々ですね。



ダイヤ都治社中の皆様を代表してダイヤ

ご挨拶を頂いたのは、顧問の林 浩司(こうじ)さんです。

月いちでは、すっかり恒例行事ですね星

林顧問さんに開催趣旨をまるごとお伝えして、マイクをバトンタッチ。

ヨロシクデス(m..)m ( ^^ )ゞ

すると林さんは、そのエンターテイメント性をもって、石見神楽・絵巻物語を華麗に披露されるのです。

長大な紙面に描かれるのは、石見神楽と共に生き、都治社中を育ててきた、林さんの経験に基づいた壮大な神楽観ですにこっ



上江津で暮らす52人(※ゴーツ→52)の生き方から、観光・産業等のPRをする冊子。
その9ページに林 浩司さんも紹介されています!



ダイヤ今回は、出雲から伝わった神楽の流れにはじまりダイヤ

その土地土地の風習、習慣に仕上げられた神楽の魅力など、多岐に渡りました。

特に印象的だったのは「石見神楽には台本がある!」というお話。

「校訂 石見神楽台本」。

石見の神楽人がこの台本に寄せる想いなどにも触れられました。



上今のところ、まだ綺麗な状態でキープしてるよ。


石見では神楽に目覚めたらひとり一冊「マイ台本」。

子供の頃から寝食を共にするという、特別なものと伺っております。

以前、石見の社中の方の台本が、畳まれた白衣の下に、たまたま見えたのですが。

それはもう!神錆色に変り果て、それ自体削れてひとまわり小さく。

すでに付喪神的な佇まいを醸し出し、恐れおののいたものです。

一緒に歳をとってこられたんですね。。。

私も、何かと助けてもらう1冊であり。

特に演目毎の、用語解説は時間を忘れるほど面白いです~四葉


~第四幕 都治神楽社中 塵輪~

『石見神楽の中でも、最もポピュラーな演目です。』と紹介させて頂きましたが。

塵輪、塵倫、人倫?

石見八調子の二神・二鬼に。

矢上系六調子では、勇壮なひとつの塵倫。。。。

と言いながらも、小鬼を連れていたりして。

石見から山を越え川をのぼり伝わる間に、どこで何があったのでしょう??

私の勉強不足と思っていますが、ぜひ!どなたかご教授くださいにかっ



上鬼はいかに悪をまとうか、というお話がありました。



上面を外しての合戦、もっ萌えます(*´Д`*)
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.234995秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299049