来年の今頃。


上塵倫、帯中津彦命:渡 勇さん、高麻呂:園田哲也さん。
お二人は同級生で、今年は二人合わせて100歳コンビ!


ダイヤ三谷神楽団の渡 勇さんとダイヤ

ご一緒する際の合言葉は。

『今日も足袋から火が出るほど舞うけぇね  d( ̄∀ ̄)』です。

しかし残念ながら、今まで一度も火が出た足袋を見たことがないのです。

先日も矢旗で大神を舞われた渡さんに。

火は出ましたか?と聞いてみたのですが。

『出た出た。足袋が焦げたけぇね、さっき履き替えたんよ~。』とのことでした。

あ~・・・また見逃したかぁ~惜しいなぁ~にかっ


~第六幕 中川戸神楽団 板蓋宮~

一番新しいオリジナル演目“茨木”に続いて。

「スーパー神楽中川戸」の幕開けとなった「板蓋宮」。

転換時間に、見慣れない装置が舞台前に設置されると、期待で会場がざわめきます。

早春で拝見したばかりの板蓋宮でしたが、この日にはこの日の雰囲気がありますよね。

終わってからの松田大地さんのお話は。

『今日はお客さんの顔が見えて、柔らかな一体感の中で舞わせてもらいました。仕掛けも上手くいったし。これで明日からの仕事が気持ち良く頑張れます!』

祝いの会に華を添える役割を無事果たされて、明るい笑顔でした。



上妖しく、幻想的!拍手喝采です。



上配線のこととか色々・・・中川戸・三谷両団で、協力し合ってこの日だけの特別な舞台作り。


~最終演目 三谷神楽団 塵倫~

現在、塵倫を舞うのは、森脇真悟さんです。

現団員さんで、歴代の塵倫は・・・木下良三さん、中川康弘さん、梶原信吾さんと木下秀雄さん(同時期)そして、森脇さんへと継承されています。

『旧舞の塵倫は花形、それを舞わせてもらうのはありがたい事。塵倫とはどんな舞かと向き合っていきます。』森脇さんのお話です。

目標とする先輩が、傍らで見守っています。



上今更なのですが・・・矢旗・鍾馗・塵倫の鬼幕って違うんですね。
幕切りの場面とても好きなのに、本当に今更だわ~。




上上演前には「いつもの塵倫を、いつものように舞いますよ!」とおっしゃっていました。
5回記念の会を結ぶ、塵倫です。




上全ての上演が終わり、緊張感が解けていく時間。
中川康弘さんと、森脇真悟さん。時と場所を同じく集うのも、ミラクルと思います。



ダイヤところでダイヤ

筒賀の大銀杏。

そろそろ休眠から目覚めて、芽吹く頃ですね四葉

この大木の枝の先まで新しい葉が茂るなんて、膨大なエネルギーです。

土と水と、光合成で蓄えた養分で・・・というと神秘的でなくなりますが・・・

銀杏も人もやはり、太陽・天照大御神を命の源とするんですねにこっ



上静か。鳥たちの声ばかり。



上もう目を覚ましてるのでしょう!



上昨年の秋。紅葉から落葉は、一枚一枚の葉が役目を全うした証なのだそうです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236702秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299186