今年色に咲く。


上会場案内リハ中。
神楽の時は緊張しないけど・・・それ以外は、ちょっとドキドキ星


ダイヤ1ベル終了後の着席誘導アナウンスに続いてダイヤ

亀山神楽子供の皆さんが。

会場内諸注意の案内を、舞台でつとめてくださいました。

“携帯OFF”“会場内では食べない”そして“拍手は大きく”等々。

可愛らしい仕草と笑顔でお願いされると。

「ハイ喜んで~ ヾ(*´∀`*)ノ」守っちゃいまーすっlove

~第二幕 悪狐伝 亀山子供神楽~

亀山子供神楽の子供たちは、別の神楽会場でたまたま会った時にも。

親戚かっにひひというくらい親しく話しかけてくれて。

学校のこと神楽のこと、家族のこと等お話してくれます。

子供の頃にしかない煌めきと、全身バネのようなエネルギーに溢れていて、いつも元気をもらいます。

適材適所という言葉がピタリと当てはまる悪狐伝。

沢山の子供たちを舞台へ登場させたいという気持ちから、今年、力を入れて舞っておられます。

子供たちの成長に伴い、一年毎の構成を考える忙しさがありますが。

春からの活動に向けて、新しい演目へ取り組まれているようです。



上小坊主さんは、小1メンバー。可愛らしさで会場を魅了。
珍斎さんは、坂本玲凰(れお)くん・小3。抜群の口上と間を持ち、皆を笑わせ唸らせます!




上玉藻前の大田都築(つづき)さん・小6。
艶やかさと影を演じました。




上三浦ノ介は川口翔大(はやと)さん、上総ノ介は福重丈太(じょうた)さん、共に小6。
亀山子供神楽を牽引する舞子さん。中学校に入ってもぜひ続けて欲しいな~。



~第三幕 五條の大橋 綾西神楽團 ~

三年ほど前から舞われているこの演目を手掛けたのは。

この度大太鼓をつとめられた若林佑紀さん。

小さい頃から弁慶に焦がれ焦がれて。

武勇の持ち主であるだけでなく、情深く、又、どんくさい一面を併せ持った、人間くさい弁慶を舞うことが夢だったそうです。

取材の皮切りは京都。

目の前の五条橋に、牛若と弁慶の出逢いを想像し、思いを募らせ。

様々な文献・資料の他に、タッキー主演の大河ドラマ・源義経も演出の勉強のためには欠かせませんでした。

綾西独自の世界観を持って描かれます。

「山を発ち、都に出でてなしなるは 五條の神に願いましけん」



上牛若は、鞍馬山で鬼一法眼(きいちほうがん、陰陽師・武芸者)よりお告げを得て自分の正体を知ります。
そして、厳しい修行の後、六韜(りくとう)兵法と、鞍馬京八流剣術を授かり都へと旅立ちます。牛若は尾崎雄二さん。




上武蔵坊弁慶、現在は升田 竜矢(りゅうや)さんが舞われています。野太い声での熱演。高校二年生と聞いてびっっっくりしました。



上弁慶との激しい闘い。遮那王の面は、六韜(りくとう)兵法の呪術を現します。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.279259秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299194