自慢のチームワークで。


上力いっぱい頑張りまーすっ。

手打鉦をつとめた中島 蘭さん(一番左)はこの春高校生です!
少々のことでは動じない、頼もしい存在だそうです。



第三部 新たなる神楽への挑戦

~六幕 上本地神楽団 壇ノ浦 ~

早春神楽初出演となった上本地神楽団の皆さん。

進行を仕切るゼロワンの増田さんが、地元となる団員の皆さんの緊張感を気遣います。

今年に入ってから、早春の練習に集中して取り組み、とても楽しみにこの日を迎えられました。

この演目は、もともとは上本地神楽団の先輩たちの十八番で。

復活後、現メンバーで現在の構成に整え直し。

毎年5月2日安徳天皇の命日には、下関・赤間神宮にて奉納をされています。

本番では、皆さん興奮して気持ちが入りまくり。

いつもより少し時間がかかったそうです。

田中敏己団長は上演後『ホッとしました~ダッシュ』と笑顔で。

『この舞台の経験が、団員を育ててくれると思います!』



上もう絶対撮ってしまう、平時子:沖本周子(ちかこ)さん。
切なく沁みる素敵な声です~。




上義経の後(うしろ)悟志さんと、弁慶の小野川 諒(まこと)さんは、この度初コンビ!



上栄耀栄華を極めた平家、いよいよ滅亡の時。
清盛が亡くなって、わずか3年後の出来事と伝えられます。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.273544秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284728