縁の下の力持ち。


上開場15分前。
さて、緞帳の下で最終チェックされているのは、どなたでしょう
音符

ダイヤRCC早春神楽ダイヤ

8時45分開場。皆様かなり早いお出掛けだったでしょうね。

私が6時半に自宅を出る時は車の窓が凍り付いていました。

冷たい風の中を、今年もありがとうございました。


さて早春神楽は、16年目。

新しい一歩です。

実は今年は、スタッフの皆さんの想いは特別で。

この早春神楽を企画し立ち上げ、運営してきた(現・県民文化センター館長)林秀樹さんが退かれる大会となり。

スタッフは、いつにも増して心をひとつにして。

林さんの集大成となる、素晴らしい大会になるよう。

何より、怪我やトラブルなく安全に進行できますようにと。

袖で想いを分かち合った大会でした。

ラジオカー時代からお世話になって。

広島の地で、神楽に再会したのも林さんのお陰です。

与えて頂いた役割を、誠意を以て懸命に務めることが、恩返しと思っています。


第一部 神楽の原点を見つめる

~一幕 四神 西村神楽社中~



上1ベルが鳴りました。いよいよ幕開けです!
西村神楽社中・舞人の皆さんです。


広島では、なかなか拝見する機会のないこの演目は。

石見の儀式舞の中でも、華やかなものです。

「広島の大きな舞台で、お客さんにどう観て頂けるか」を楽しみに、一生懸命練習を重ねてこられたそうです。

早春の始まりが石見の八調子で、胸が熱くなりました~。



上堂々たる天蓋の下、神を迎える儀式に白の狩衣が眩しいです。
ここで使われる串のない幣は“四神専用”なのだそうです。




上始めの手・中の手・三の手と神楽歌・舞・囃子が調和しながら変化します。

続きます。

※舞台の様子を袖から撮らせてもらいました。少しずつご紹介します。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.230212秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287602