観てちょ♪


上本番5日前、練習の様子です。



上当日、開場数分前、最終練習です。


ダイヤ宮乃木神楽団・管沢良典顧問プロデュース!ダイヤ

合同・伊吹山。大作でした~。

3社合同、出演者多数につき。

配役紹介のややこしいことといったらもうにひひ

石見が広島の舞を。

広島が石見の奏楽で大蛇を。。。等々。

観客と共に楽しむ、新しい挑戦です。

奏楽の皆さんのスマートな交代も格好良かったですよっ。

KAGURAの杜で配信されていますので、ぜひご覧になってください四葉

~第四幕 三社合同 伊吹山~



上武尊の父・景行天皇が登場します。
祭事に必要だからと、伊吹山へ向かう武尊から草薙の剣を取り上げてしまいます。




上武尊の傍らに歩み寄る景行天皇。実父として複雑な心境もあるかもしれませんね。

父子舞手は小川徹さん(亀山)、半田徹さん(宮乃木)。徹さん&徹さんです!




上風呂焚きのケンヤン・管沢秀巳相談役(宮乃木)登場。
袖の準備のために「10分は、喋って」と言われていたそうですにかっ




上その袖の様子は・・・多!混!



上伊吹山の鬼神たちは、悪鬼の姿で現れ。



上悪狐へと変化し。(ここは大都の皆さんが担当)



上そして悪蛇となり、武尊を苦しめます。



上こちらも、準備OK音符



上この蛇の奏楽は、亀山社中の皆さんと、笛は大都神楽団の大畑公人さん。

又、この大太鼓は亀山社中・結成当時に使用されていたもので、1尺9寸もあります。
現在は別の太鼓を使われていますが、神楽ではなかなかお目にかかれない大きさだそうです。




上武勇と無垢な魂故に、戦いの生涯を生きた武尊。
その終わりに故郷を求める言葉は、激しく胸を打ちます。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236854秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286130