隔年集合。
ダイヤ安佐南区文化の祭典「神楽公演」ダイヤ

今年も、十二神祇・新舞・山縣旧舞と欲張りな公演を楽しみました。

私にとっては、観客・関係者にご近所の顔が沢山見えて、いつもと少し違った面白さがあります。

隔年の開催ですから、久しぶりに元気な姿を拝見してお互いを労い合う方もあれば。

前回の公演後、人が少なくなり活動を休んでいる団体も複数有り、複雑な気持ちもあります。

ただ、十二神祇は特に子供の出番が多く、隔年だと、子供たちの成長に本当に驚かされますね!


ダイヤでは、ロビーの展示からご紹介しますダイヤ

写真が小さいよね・・・すみません汗



上左側から順に。
①上温井神楽保存会に代々伝わる面。
いつの時代に作られたのか定かではないそうですが、手力男の面として今でも使われています。十二神祇神楽には、舌を出した面がよく見られますね。

②筏津神楽団 昭和50年代後半・玉屋衣裳店で作られた四天。
鬼の大将的な役に使われています。

③上温井神楽保存会、明治初期に作られた関の衣装。
現在では見られない縫製が施されており、珍しいものだそうです。
当時は大変豪華なものだったでしょう!

~阿刀神楽団(沼田町戸山)~

「技術的に優れ、古風を伝え、珍しい舞を保持する」と広島県の無形文化財に指定されています(昭和40年指定)。

『舞い方は昔から変わりません。でも衣装は、だんだんと艶やかなものに変わっています。』

舞う人、舞う場所は変わっていきます。

少しずつ少しずつ、時代に拍手を頂く神楽へと進化しながら観客を魅了します。

~第一幕 神降しの舞~



上舞子の衣装は、四季の色から特に舞台に映える赤・白を用いています。



上太夫が祝詞を唱え、天上界より神々をお迎えします。


~第四幕 八つ花の舞~

阿刀神楽団、代表演目。
所望分けの舞のひとつ(天照大神の5柱の王子の遺産相続の一連の舞)。合戦に向けて、兄4柱が練習に励む場面。



上刀の刃はもちろんありませんが、激しさで傷を負うことも有り、練習は自分の為、人の為だそうです。



上アクロバティックですが、形が常に美しい。

続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236749秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296536