納めてきました。
ダイヤ毎年12月29日に開催される「忘年フェスタ」ダイヤ

広島歌謡界・演歌界のリーダーたちが集うイベントです。

『今年も残り54時間となりました。』で始まります。

大師匠・田中俊雄さんとのコンビで、仕事納めをさせて頂きましたにこっ



上まずはRCCテレビでお馴染みの元就さんが1年を振り返ります。
(後姿をどうぞ)




上そして、南一誠さんの歌うお祭りマンボ(美空ひばりさん)で幕開けです。



上後半はもう、どこがステージか分からん。
今年も賑やかでした!



ダイヤではでは~玄武の舞を結んでいきますよ~ダイヤ

今年を締め括るのは。

悲劇の英雄・日本武尊の終焉までを描く、3つの物語。

今まで石見の神楽としては「日本武尊」しか見たことがなかったので。

校訂・石見神楽台本を開いてみました。

あらま~熊襲のページ、ちょっとしかない。。。

~第六幕 道川神楽社中 熊襲~

初めて拝見して、それはそれは感激しました。

涙が出るほど笑わせてもらって。。。

ぜひ石見の熊襲を色々見て見たいっ!素晴らしいきっかけとなりました。



上酌婦に姿を変えた武尊が、熊襲を酔わせて討つ場面です。



上熊襲の手下の長吉が、主役級の大活躍。
できれば討って欲しくなかったな~。星



~第七幕 亀山社中  日本武尊~

兄ぎし、弟ぎしの愛されキャラと。

憎々しい大悪党・賊首の浜田弁のやりとり。

これを聞きに石見に帰るんだな~という感じです。

祝いの日でもあるし、今日は特別に、武尊に勝っても良い!ということでしたがっ。

合戦も、熱く華々しく熱闘でしたがっっ!

やはり、こてんぱんでしたねにかっ



上『わしの言うこと、聞いとりんさったかな?』
『はあ・・・何がかなぁ?』・・・絶対勝てんっ




上討たれっぷりも豪快。


~第八幕 久木神楽社中 伊吹山~

伊吹山は、石見では現在、他の演目と同じような保持演目とされる社中は見当たらないと伺いました。

この度、道川社中、亀山社中の皆さんが、たまたま熊襲と日本武尊だったことから。

武尊の最期を見届けようと、ひとつのきっかけとして取り組まれました。

武尊と、弟橘姫の深い結びつきが印象的な伊吹山。

特別な時に披露できる演目として、ゆっくり育てていきたいそうです。



上伊吹山の鬼神。その不気味な姿で、武尊の運命を予見します。



上天から舞い降りた弟橘姫に窮地を助けられながら、鬼神との激しい戦いを繰り広げる武尊。
しかし、退治するまでには至りませんでした。。。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.240356秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297725