時は流れて。
ダイヤ第1回目の顔合わせは、十五夜の夜でしたダイヤ

「宮乃木神楽団15周年」記念大会。

管沢良典顧問、管沢秀巳団長、新幹部の面々、そして月一のスタッフ。

まだ、ほとんど何も決まっていない打ち合わせは、休憩なしの3時間、皆、強い思いがあります。



打ち合わせを終えると、急に現実味を帯びて。

帰り道には、新幹部の皆さんと、まんまるい大きな月を眺めました。

『ウサギはどこで餅ついとるんかね~。』と談笑しながら、それぞれ胸の内には、当日までの自分のやるべきことを整理されていたと思います。



上朝早くからのご来場、ありがとうございました!



上もうすぐ開場の時間ですよ~。

ダイヤさて、12月8日(日)ダイヤ

「宮乃木神楽団結成15周年 新たなる挑戦」が幕を開けました。

ロビーには『おめでとうございます!』の言葉と共に、花やご祝儀が次々と届けられ賑わいました。

そして開演。

初めに、管沢秀巳団長からの15年の歩みと感謝の挨拶。

島根県旭町・神楽の里に生まれ、小さい頃から神楽が大好きだったこと。

中川戸神楽団員だった経験から、宮乃木神楽団が誕生したこと。

地元・野原の地域の方々の理解を得て、自ら重機で山を削ることからスタートしたこと。

何もない時代に、心の支えとなってくれた神楽団、神楽人への感謝。

『今日は、泣きません。』と、笑顔で綴られる様子は誇り高く。

節目に想う15年間は、感慨無量、語り尽くせるはずもありません。



上管沢団長、一言、一言、噛みしめて。
このあと、地元・野原地区の方々から大きな花束が贈られました。
野原の皆さんの15年でもありますね。



~第一幕 梶矢神楽団・宮乃木神楽団 合同 神迎え~

宮乃木神楽団結成以来、師匠と仰ぐ梶矢神楽団の皆さんと共に、この15年の舞を清め、ご来場頂いた皆様に幸多かれと舞い納めます。



上奏楽は梶矢神楽団の皆さんが。舞手は、新幹部の皆さんがつとめられました。まばゆいばかり。下




続くよ~四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.270627秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289244