その時を迎える。


上月齢2、これぞ三日月。
陽が短い季節にしかお目にかかれません。。。


ダイヤ神楽の宴スペシャル、いよいよ結んでいきましょうダイヤ

大朝は、広島と島根の文化が入り混じる土地と聞きます。

これからも、田原温泉・神楽の宴が。

広島と石見の多くの出会いと、日々の活力を生み出す場でありますように。。。

改めて、開業20周年おめでとうございます。


~第五幕 石見神楽 亀山社中 大蛇~

神楽スペシャルで石見を締め括るのは、度々、神楽の宴に出演される亀山社中の皆さん。

今回は、小川 徹副代表が、ご挨拶に立たれました。

須佐之男命の衣装で・・・萌えました~(*´ω`*)



上石見の須佐は特別に重みを感じます。

ここでのお話は、石見の奉納神楽の雰囲気。

亀山の皆さんも、地元福井大元神社での夜明かし奉納を終えられたばかりですね。

石見では、まだまだ夜明かしが多い、と始まり。

ひと晩に14、5演目続けて舞うというお話。

又、石見では、ほとんど幕間を開けずに次の演目に入ることが知られていますが。

『せっかちと言いますか・・八調子・漁師町の気質なんでしょう。』

今年も幕間が少し空いた時「早う舞え~星」と声が飛んできたそうです。

小さい頃は怖かった。

でも今は、ひとつの風物詩かな。あれがないと、なんか物足りないような気もしますねにひひ



上この樽が、落ちそで落ちない、もどかしさもご一興。



上今日はお祝いなんだって~。



上いつもより、んま~いっ音符


~第六幕 宮乃木神楽団 紅葉狩~

2日続けて出演された、宮乃木神楽団の皆さん。

昨日に続いて、挨拶に立たれた管沢秀巳団長は。

田原温泉のお祝いのこの舞台で。

羽原支配人の胸を借りるつもりで。

今週末に開かれる宮乃木神楽団の、15周年記念大会について想いを語られました。

万感胸に迫り。。。。

『僕がこんなふうに、皆さんの前で挨拶をするのは、今日が一応最後と思ってください。』

宮乃木神楽団の15周年記念と、新たな歩みを。

気持ちをひとつに、ぜひ沢山の方に見守って頂きたいと思います。



上田中恵太朗さんの紅葉姫を初めて拝見しました!

誰かが不在のために、その演目ができないという不都合を防ぐため、個々の配役の幅を広げるのだそうです。




上生まれながらに“第六天魔王”の加護を受け、妖術で村々人々を苦しめた紅葉。
激しい合戦で、勧善懲悪の物語は結ばれます。



~宮乃木神楽団結成15周年~

12月8日(日) 千代田開発センター 

※開場10時 開演11時 終了予定18:30頃

共通前売 1,200円 当日1,500円 小・中・高生500円(当日のみ)

神迎え    梶矢・宮乃木神楽団合同
岩戸      琴庄神楽団
八岐大蛇   山王神楽団
八十神    石見神楽亀山社中 
弐三番    大都神楽団
大江山    梶矢神楽団
大和 葛城   宮乃木神楽団

上演終了後、団長2代目襲名披露を行います。

問:0826-72-6908 詳細下


http://npo-kagura.jp/2013-kouikikagura/miyanoki.html


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235467秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298294