三文の徳。


太陽参観日振休の娘をお供に、紅葉狩太陽

早朝の高速を、西へ向かいました。

錦帯橋から、徒歩で数分の紅葉谷公園。

江戸の頃から寺院が集まる静寂な土地で「西の鎌倉」と呼ばれているそうです。



上さら、さら。



上エキゾチックな六角堂。


まだ太陽が昇り切らない冷たい空気が、とても心地良く心が落ち着きます。

ただ時折突風が吹き、紅葉を容赦なく散らして。

どんぐりを、バラバラと頭からかぶるような日でしたが。

不思議と、風に動かない池の水面は、水鏡となり。

もうひとつ、別の世界があるようでした。



上青空も白い雲も鮮やか。
のぞき込んでいると、吸い込まれそうです。



駐車場で休んでいると、いつの間にか目の前に猫。

このあたりには猫が多いみたいです。

飼いネコかノラか分かりませんが、きれいな猫。



上あっ、カメラとかそういうのはお断りします。



上やっ、ちょっ、ヤメテください。



上なんちてぇ~音符
ニャンコ先生っぽいな。。。。(夏目友人帳の)




上どうぞ~撫でさせてあげますよ~。

・・・さんざん撫でさせてどこかへ行ってしまいましたダッシュ




上虹!わーい四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237621秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287550