ひとつだっていいじゃないか。


上ギリシャ神話に登場するオリオンは、巨人狩人。

星今朝は3時半に起き出して星

オリオン座流星群を見に出かけました。

今年初のダウン着用。

外に出ると、満月過ぎの大きな明るい月がオリオンに寄り添っていたので、少し怯みましたが。

冴えわたる秋の夜空に、揺らめきなく煌々と輝く星たちは溜息が出るほどです。

木星・シリウス・オリオンの共演は素晴らしいですよ。

ここしばらくは、台風の影響で、星空は厚い雲の上。

台風一過の澄み切った夜空に期待しましょう。

ところで、確認できた流れ星は・・・「ひとつ」!

オリオンの左腕の下あたりにパアッと光って、すぐに消えました。

ひとつかぁ・・・やはり、月明かりかな?

ハレー彗星がゴミを出さないように気を付けたのかな?

北の空の北斗七星が、ちょうど真っ直ぐ立っていて、大きな「?」に見えて。。。

笑えましたにひひ


ダイヤさて今夜はダイヤ

先週水曜日の、広島神楽定期公演の様子です。

5回目のこの日は、秋のイベントが多く賑やかな豊平から、今吉田神楽団の皆さんでした。

実は、開演時間の7時少し前に。

奏楽の皆さんが、張り切って舞台に出て行かれて。

まだまだ汗というスタッフの声掛けに、慌てて引っこまれるということがありました。

やる気まんまん!の楽しいハプニングでした。


~第一幕 日本武尊~

熊襲平定と、武尊誕生の物語をシンプルに描きます。

悲劇の英雄と伝わる日本武尊の賢さ、強さを神楽で感じて頂きました。



上熊襲の酒宴に紛れ込む場面です。華やかです。



上日本武尊誕生の場面。(ちょっと川上武さんが見えにくいけど)


そして幕間には。

先週と同じく、団員の皆さんに勢揃いして頂き、お顔を披露していただいた後。

佐々木 正団長にマイクをお渡しして。

秋の奉納の、目の回る忙しさや、後継者不足について触れ。

又、大蛇を観て頂く前に。

昔は大蛇の動きに活かすため、バケツにハミ(マムシ)を入れて突き、ハミが頭をもたげる姿を研究した、というお話に、会場の皆さんは驚かれていました。

~第2幕 八岐大蛇~

毎回、各神楽団の、足名槌・手名槌の個性が際立ちます。

この度は、佐々木団長が数年ぶりに手名椎を舞い、ハッスルされていました~。

―白大蛇・独り言編―


 

上『じゃ~んっ 出動準備、OK~!』



上『しかし、あの婆ちゃん、さっきから飲んでばっかりでしょ。』



上『あ~・・倒れちゃったよ、飲み過ぎだっちゅーのっ』



上『って、まだ飲むんか~いっ ギャハハ』



上『では、いっちょう暴れてきま~す音符


※明日23日(水)は、定期公演はお休みです。

次回は30日(水)吉和神楽団、安達ケ原・八岐大蛇です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241187秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297562