結びの時。


上金木犀。愛らしい小花たちの毬。
花言葉は「謙虚」「真実」「初恋」・・・


ダイヤなーんだか今年、台風に影響されるなぁダイヤ

おかげでベランダはキレイをキープですが。

各地で大事が起きないかと、落ち着かないですね。


ダイヤ今夜は芸石を結んでまいりましょうダイヤ

~大塚神楽団 滝夜叉姫~

大塚神楽団で、およそ20年前から舞われる滝夜叉姫。

最初に描かれる、将門の凄まじい無念が。

一人残された滝夜叉姫の、深い恨みに共鳴します。

火と血の象徴である、赤い衣に身を包んだ五月姫が荒御霊より授かったのは。

妖術か、将門の怨念そのものだったか、と感じます。



上夜叉丸・蜘蛛丸が格好良い滝夜叉姫が好きだーっ!



上滝夜叉姫から立ち上るドライも、妖気に見えるねぇ。

~特出 原田神楽団  桜井の駅~

65回記念大会を締めくくる、原田神楽団の皆さん。

変化(へんげ)る舞は、競演でしっかり応援してもらって。

最後は少し趣の異なるものを見てもらおう、という選択だったそうです。

何といっても、表彰式前の慌ただしい時間なので。

今生の別れの場面だけは、とソワソワそこまで拝見して!審査員室に走りました。



上口上にのせるのは。

ところで、ここ最近。

鬼女を舞う垣内 和久さんを拝見する機会が多かったこともあり。

あどけなく、一途な少年・正行は、とても新鮮でした。

思わず“久しぶりに舞う役は、緊張しませんか?”と、幼稚な質問をしてしまいました汗

『本番前は多少不安もありますが・・・。
正行の位置に坐すると、ここらへんから(胸を押さえて)正行が話し出すような気がして。』と、控えめにお話してくださいました。

物語に語り継がれるのは、人の心。

「今の時代にこそ描きたいものがある」と、以前、この演目への思い入れを伺いましたね。。。。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
明日は水曜日♪
花おっと!花

今日は火曜日じゃないですかっ

∑ (゚ロ゚ノ)ノ 

連休のあとは感覚がちょっと・・・

明日は広島神楽・定期公演ですよ~

旧豊平町から、今吉田神楽団の皆さんをお迎えします!

神楽で語られる日本の英雄の物語・日本武尊をお送りします。

会社終わりにふらり、熊襲を平定して帰りませんか~にかっ

10月16日(水)広島神楽 定期公演
中区大手町:広島県民文化センター
問:082―245―2311

18時30分開場 19時開演
今吉田神楽団  日本武尊  八岐大蛇

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.249613秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289280