洗練。


上昨日の結婚式で記念に頂いた、記念のカープボトル(日本酒)。
新郎新婦は大のカープファン。

カープ2013キャッチフレーズ「剣砥挑来(けんどちょうらい)」が刻まれています。

※剣砥挑来・・・「つるぎ(己の武器)を砥ぎすまし、来るシーズンに挑む」
捲土重来(けんどちょうらい)「一度敗れた者が勢いを増して巻き返す事」のアレンジです。



太陽カープ、劇的なCS2勝ですね太陽

そして、ロッテも!・・・面白いですねぇ

( ´艸`)

さて、3連休。

といっても“お休みできるお休み”ではなかったと思います。

神楽と、振る舞いのお酒でヘロヘロになっていませんか?

明日からしっかり働いて・・・

また週末に!張り切りましょう。


ダイヤではでは、芸石の様子を続けますダイヤ

~横田神楽団 紅葉狩~

割れんばかりの拍手で迎えられる、奏楽の皆さん。

「待っていた!」という熱気が客席から伝わります。

“新しい横田”の話題は大きく、ファンの皆さんの期待を背負う舞台です。

優勝旗を、落ち着いた様子で受け取り。

会場の外に出て、思い切り喜ばれる姿は少年のようですが。

その功績を導き出す頼りは。

繰り返し、繰り返しを重ねた、繊細な練習だと伺い、胸を打たれます。

新舞の部・優勝、本当におめでとうございます。



上舞手の足運びと奏楽のリズム、お客さんの手拍子、全てがひとつです。



上手の先まで、鬼。強く印象に残りますよね。


~筏津神楽団  塵倫~

今田 修団長が大太鼓の前に座られると、空気が変わって。

はじまりの一打の響きは、ドラマチック、と思います。

一昔前、筏津の先輩たちが、現団員の皆さんへ託したのは。

「メジャーになれ」「どこへ出ても筏津だと感じてもらえる、良い舞を舞え」。

その成就のひとつの形として。

地元・大朝の競演以外で、初めて優勝を飾ったのが芸石ということから。

芸石への思い入れは、格別だそうです。

そして、続いての大朝の大会は「新舞・大江山」で臨まれます。

『どろくさくて・・・“旧舞の新舞”という感じですかねぇ。』

喜怒哀楽豊かな鬼と、あの面が楽しみだぁ~。



上緊張が続いたあとは、ぜひ釣りでご一緒しましょう!



上「筏津の塵倫」が受け継がれていきます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.28487秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297650