浸る。
ダイヤ続いて芸石競演ダイヤ

大きな歓声と拍手に迎えられた上河内神楽団の皆さんから!

~上河内神楽団 大江山~

頼光を舞う、後藤睦(あつし)さんの、目の覚めるような高らかな口上に。

この物語が、頼光の武勇伝として最高傑作であると実感。

普段の物静かな後藤さんと、頼光の後藤さん・・・

『舞台にのぼると、何か、のりうつるんだろうねにひひ』と上河内の皆さんのお話。

神楽鑑賞の醍醐味のひとつです。



上広い舞台は、すっかり大江山の鬼の住処です。



上奏楽の皆さんの表情は、お客さんにスイッチを入れます。
大太鼓:河野達也さん



~津浪神楽団 大楠公~

根強いファンを持つ、忠義の誠を解く物語。

その世界観に浸っていると、なんと奇跡の35分ジャスト!

よ・り・も『口上に気持ちをのせて演じられて、良かった』という、舞台裏でのお話が印象的でした。

演者の皆さんの、登場人物そのものへの敬意や思い入れを感じる、特別な舞ですね。



上衣装の美しさ、品の良さ、溜息~。



上正行:末本 徳次郎さん。
津浪神楽団の中で、着実に存在が大きくなっておられますね。


芸石は、まだまだ続くよ~

ひよこところで、今週末はひよこ

毎年恒例となっている広島東照宮の子供神楽共演が開催されます。

今年は、ご縁があってブッキングを一部お手伝いさせてもらいました。

(近所のおじちゃんが、実行委員会に入っているのでにかっ

奉納と重なる団体が多く、時間調整でご協力を頂き、本当にありがとうございます。

プログラムが早々に届いていますが、とても丁寧に作り込まれていて、子供たちには素晴らしい記念になると思います。

お時間の許す方は、ぜひお運びください。

~広島東照宮 子供神楽共演大会~

10月12日(土)午後1時から


諸木郷土芸能保存会:神降し・旗舞・鯛釣

高猿神楽ジュニア:土蜘蛛

西村神楽社中:頼政

上石子供神楽会:紅葉狩

横谷子ども神楽クラブ:日本武尊

大草神楽子ども研究クラブ:御神祇・八重垣

亀山子供神楽:塵倫

二葉の里地域の子ども達: 浦安の舞

広島東照宮麒麟獅子舞保存会:広島東照宮麒麟獅子舞

詳細下

http://www.hiroshima-toshogu.or.jp/kagra.html





| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
熱誠。


上上河内神楽団、神降しではじまりました。


ダイヤ12団体、13演目をご覧いただきましたダイヤ

65歳です。芸石神楽競演大会。

『先輩方の努力の上に、今日、この大会を迎えられました。』

と、挨拶があり、幕があがりました。

この度の印象は。

演目の幅が広いことと。

出演神楽団の『本気で取に行く』という、情熱です!


~曙神楽団 紅葉狩 ~

曙神楽団“一丸”の舞に魅入りました。

舞手の気迫、力強く快活な奏楽。

舞台を終えられてから『出し切りました!』とお話される様子も気持ち良く。

競演トップバッターの熱演は、後々の出演団体に大きく影響するな~と感じました。



上地元の大会でも優勝をおさめた紅葉狩。
曙神楽団の十八番です。




上久しぶりの芸石の舞台を、緊張と共に楽しまれたそうです。


~西村神楽社中  四神~

東西南北中央の五方を清め、神の心を鎮めます。

白の狩衣姿で、厳かに華麗に捧げる神楽は、神事芸能であるという基本に立ち返り。

超越的な世界との結び目であると感じます。

『しなやかな舞は、衣擦れの音さえ美しいですよ。』と、教えて頂きました。



上奏楽のはじまりで空気が変わり、気持ちが引き締まります。



上初めの手・中の手・三の手と変化します。
舞が激しくなるにつれ、狩衣の袖が風を含んで翻る様子が、美しいです。


ぼっちり、ぼっちり続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.25468秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289219