シンデレラ。


上ミヤマアカネ。
くるくる飛んでは、元の場所にとまります。


太陽それは、晴天が続いた秋のいちにち太陽

水内神楽団の西 泰彦団長から。

湯来を楽しむ「秋の宴」にお招き頂きました。

以前伺った寒い季節は、西さんが『そのへんの材木でちゃちゃっと建てた』と言われる、囲炉裏が素朴な、ログハウスの別宅に感動し。

この度は、その横に『猛暑の中、数日で建てた』という、軽トラ2台は入る東家に驚きました。

さすが、あの安佐動物公園のチンパンジー舎を手掛けた方であります。



上人懐こい“らぶちゃん”がお出迎え。
撫でる手を止めると「ぐぶっ」「ぐふふぅ」と催促します。




上家の目の前に、アケビ!もちろん自然にできたものです。


ダイヤ東家を通り抜ける風はダイヤ

頭を垂れる稲穂を撫でながら、秋の香りを運び、心地良く。

水内川の落ち鮎、猪や、・・・・のお肉など、七輪を囲み。

自然から頂く美味しいもの・活力を得て。

生きること。

働くこと。

神楽を舞うこと。。。。

話は尽きないのでした。



上初めの一品。焼き鮎とミョウガのざっくり混ぜ。
甘辛酢醤油でからめてあります。




上『しゅてんどうじ~』
西団長と、いのししハンター“きよちゃん”。大人の休日。


ダイヤところでダイヤ

この日まで全く知らなかったんです。

栗を焼く時は、水分の逃げ場が必要だということを。

デザートに焼き栗を食べたいと思った私は。

七輪に火が残っているのを見て。

ザルに山盛りになっていた芝栗を、ざらざら~とそのまま七輪に投入し、待つこと数分。

ボンッ!バンッバチバチバッチーーンッと大爆発。

栗ミサイルも連続発射。

静かな山合いの夕暮れに、大人たちの『ギャーア』という悲鳴はコダマし。

全員、頭から灰をかぶって真っ白。

何が起こったか分からない私は、頭の中も真っ白でした。



上まっくろ汗でも美味しかったよ~



上仕切り直しです。
栗を焼く時は、穴を開けてから!

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.50056秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284798