脈々と。


上夕方、折居海岸にてキス釣り。
沢山釣れるけど、リリースサイズばかり汗



ダイヤでは、時間を水曜日に巻き戻しまして~ダイヤ

3度目を迎えた、広島神楽・定期公演は。

初めての旧舞の神楽団として、郷之崎神楽団の皆さんの登場でした。

この度も“神楽初体験!”と言われるお客さんを交えて。

優雅な舞と、馴染み深い懐かしさのあるお囃子に染まりました。



上旧舞の緩急が、神の雄々しさを引き立てます。
どこから見ても、綺麗です。




上しなやかで聡明な印象の姫は、宇川団長。


ダイヤさて、幕間のインタビューはダイヤ

普段着に着替えられた、宇川友勝(うがわともかつ)団長。

お話上手で、癒し系の団長さんです。

又、「先ほど姫を舞われた、宇川さんです」とご紹介すると、会場の皆さんがとても喜ばれていました。

舞手の素顔というのは、特別に親近感が湧くみたいですねにこっ



上鬼は酒呑童子と、茨木童子の2つ。
問答のやりとりが少ないのも、特徴のひとつです。



ところで、郷之崎の伝統の舞の中には、「衣装見せ」と呼ばれる舞い方があって。

大江山でも、神同様、鬼ふたつだけでじっくり舞う場面があり。

「衣装も舞の一部」と感じます。

昔、家の解体を神楽団で請け負って、その報酬で衣装を揃えたお話から。

豪華な衣装を着て舞うことへの感謝や誇りが、舞いの中に表現されているのかもしれません。。。

今年は大朝競演にも大江山で臨まれますので、注目してくださいね四葉



上八岐大蛇から。
あらかじめ、会場の後方に置いた樽を、じいとばあの二人が取りに行き、お客さんと触れ合いました。




上なっちゃん(前)と、門出佳大さんを囲んで。いつものみんなで音符


ダイヤ来週の定期公演はダイヤ

西宗神楽団の皆さんをお迎えして。

深まる秋に一足早く、紅葉狩をご覧いただきます。

もうすぐ豊平は、おそばの美味しい季節を迎えるではないですかっ

神楽と合わせて様々にご紹介できればと思います。

仕事帰りに、艶やかな美女の共演はいかがですか~。

10月9日(水) 18時30分開場 19時開演

西宗神楽団 紅葉狩・八岐大蛇

中区大手町・広島県民文化センター

082-245-2311


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235206秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299165