マイ神楽デイ。


上 “神楽の笑い”はまず、身内を掴んでからにひひ


ダイヤ心嬉しく、賑やかな第2回開催でしたダイヤ

広島神楽・定期公演。

上本地神楽団の皆さんの、はつらつとした神楽。

会場を上手に使って、舞手は皆、花道代わりに通路から登場し、お客さんと触れ合いながら展開されました。

驚き、よく笑い、週のど真ん中・水曜日に、“元気の源”と“明日への活力”を持って帰って頂けたと思います。

又、幕間には、田中敏己団長から、10月末の土曜に一斉に行われる、旧千代田町の奉納の様子が語られ。

深まる秋風に乗って、鎮守の森から届く、神楽の囃子を想像してもらいました。

東京からの観光の方や、中区に住む神楽初体験の女性。

大きなきっかけと、土産話ができたのではないでしょうか。

~第一幕 悪狐伝~



上頭部を強打!



上う・し・ろ!うしろっ汗大人も童心に帰ります。


~第2幕 八岐大蛇~

一頭ずつ「ジャジャンッ音符」と登場します。

お客さんの興奮度も、その都度ググッと右肩上がりです。



上足名椎の語りに合わせ、大蛇の姿を全身で表現する手名椎。



上楽しそうに笑っているように見える、上本地の大蛇たちにかっ

※撮影主催者許可済み。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
行ってきたよ~。
ダイヤ第38回 とよひら神楽競演大会結果ですダイヤ

優勝

新舞の部 琴庄神楽団  滝夜叉姫

旧舞の部 上石神楽団  天の岩戸


準優勝

新舞の部 西宗神楽団  筑波山

旧舞の部 龍南神楽団  鍾馗

皆様、おめでとうございます。

~審査員講評抜粋~

奏楽と舞手の一体感を感じた。
奏楽が舞を良く見ていて、その上に舞手の素晴らしい演技があった。




上表彰式から 旧舞優勝 上石神楽団の皆さん。



上新舞 優勝 琴庄神楽団の皆さん。
(15枚も撮ったけど、皆さんの顔が写っていたのはこれ1枚にかっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.268698秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297600