頼光になった気持ちで。


上壮絶な戦いを前に、舞手と緊張感を共にする、楽の皆さんです。


ダイヤ大江山には、大変な人の数が必要というお話に続いてダイヤ

やはりそれだけの舞手の数には、それに伴う衣装が必要になります。

競演大会などでは、舞台上の見栄えから“衣装で一本取る”とも言われるそうですね。

「酒呑童子の鬼着を200万として・・・

その下の衣装、鬼袴等々、酒呑童子が正装すると400万と言われ。

大江山の舞台は、数千万の衣装が乱舞することもあるようです。

したがって大江山は昔から、それぞれの神楽団の勢いを表すとも、囁かれてきました。」

※筆:石井誠治さん、一部抜粋


~第3幕 栗栖神楽団 大江山~

初めて月いちにお迎えすることができました。

結成からおよそ55年の歴史の中には、古くから大江山を保持され、奉りなどで親しまれてきたようです。

只、時代の流れと共に、舞台用に削り、まとめられてしまった構成を。

近年、元の台本に近く、原点に立ち戻った構成に整え直されました。

頼光と金時は、一度舞台に出ると、最後まで舞台に出たまま。

これは、見る側が、まるで絵巻をひらいていくように。

頼光たちの気持ちになって、日本最強の鬼を退治するまでの、壮大な物語を味わえるようにと思いが込められているそうです。

叉、頼光たちを鬼たちの住処へ導く案内人が「案内役」という、そのままの配役で登場するのですが。

進行の打ち合わせで見られなかったのが、心残り汗

次回の楽しみに取っておきますにかっ



上激しさと、優雅さ、旧舞の美しさに、キュンとくる大江山です。



上舞台を覆うように飛び散る赤と白のクモは、酒呑童子の最期の力(妖力)。


ダイヤところでこの日はダイヤ

団長の山崎豊治(とよはる)さんに栗栖の皆さんのご紹介を、当日急にお願いしたところ。

緊張しますね、と言いながらも快く引き受けてくださいました。

事前に団員の皆さんに伺っていた「栗栖のとよちん四葉」という愛称とともに、舞台にお迎えして。

山崎さんの誠実な人柄に、会場からあたたかな拍手が集まっていました。

月いちの舞では、お客さんに顔と名前を覚えてもらい、どこの会場でも声をかけ、応援して頂けるようにという想いがありまして・・・

毎回、無茶を言うようですがっ

これからも、どなた様もよろしくお願いしま~す。

( ̄∇ ̄*)ゞ


明日は、広島神楽定期公演!

上本地神楽団の皆さんです。仕事終わりに「悪狐伝」如何ですか~?

広島県民文化センター[中区大手町 082-245-2311]

6時半開場・7時開演

演目:悪狐伝・八岐大蛇

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.233921秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289672