14回の、今でしょ☆
曇りのち雨空ばかり眺めているような気がする曇りのち雨

千葉・埼玉の竜巻、新しい台風。

驚くようなことばかり起こります。

決して他人事ではありませんね・・・


ダイヤこちらも、大雨に翻弄されましたダイヤ

ホテルニューヒロデンの津浪神楽団ディナーショー。

お天気の神様には電話が通じないのでダッシュ

担当者の山本さんは、青くなったり赤くなったりして当日を迎えられました。

寝込んでないかな~?



上何もない会場に、神楽の舞台が出来上がる様子も喜びのひとつ。
団員さんの様々な技術を持ち寄って、出来上がるんですね!


ダイヤ実はこの度、初めて!鐘馗を舞って頂きましたダイヤ

鐘馗の位の高さ・重厚さから、ディナーショーには向かない演目では、と決めつけてしまっていたのですが。

14回を数え。

安芸太田町の旧舞を主役とするこの会で、お客さんと神楽団の皆さん、主催者が「あの鐘馗をこの舞台で」いう気持ちが揃った、と言う気がします。

そして、末田健治団長が『同じ演目でも、毎回違うものです。』『力いっぱい舞います!』と始まった鐘馗に・・・

私は鳥肌がたつほど、胸を打たれ(仕事忘れてるよっ)。

鐘馗の神々しさに、お客さんの心が震えている様子がよく分かりました。


~第一幕 鐘馗~

厄病神は自らを「春夏秋冬・一切の病の司」と名乗ります。

古来より人の世に、病こそ最大の災難であることを伝えます。



上口上のやりとりは、既に合戦。気魄と凄味です。



上厄病神の悲鳴が聞こえるようです。。。。
日本に来るからだよ~


長くなりそうなので、続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236199秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289708