身に覚えのある人は。
ダイヤ続いて、大都神楽団の皆さんの2演目をご紹介しますダイヤ

が!まずはこちらの写真をご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/sillabub-nyanya/d/20130826

8月26日ゆきなり写真館から。

恐ろしい汗

しかし!あんなに暗さに、赤いバックライトで写真が撮れる、ユッキーさんの執念とド根性もすごいにひひ


ダイヤさてと!この度、大都神楽団の皆さんが舞われたのはダイヤ

共に、女の恨みが引き起こす、悲劇の物語。

しかし、それぞれが抱く情念は。

貴布禰は、一人の女の嫉妬。

相馬城は、奪われた故郷や一族のための復讐。

ここから、舞台にのせていく情感も異なるものになるのでしょうか。


そして、それぞれが妖術を身に付け、鬼と化す流れですが。

『貴船明神から授かった、あるいは秘伝の術で鬼になると言いますが。その正体は、人間が本来が宿している“狂気”かもしれません。
・・・それが一番恐ろしい。』

というお話が、ポツリとありました。

女は神を語ってでも、その恨みを晴らしますよ~。ウフフッ音符

~第3幕 貴布禰~



上どうしても、清明が胡散臭いです。
でもって、どうしても柄本明さんなんです。
だけど、ちゃんと仕事はします!




上人形(ひとがた)に念を込めましょう。
『ヤアーッ!!』



~第6幕 相馬城~

話の大筋は、滝夜叉姫と同じとしますが。

浄瑠璃等いつくかの古典から取材をし、大都神楽団の創作神楽として、独自性に溢れています。

『もとはいじらしき乙女なり』と、大宅太郎光圀が皐月(滝夜叉)を哀れむ最後の場面が、わずかな救いです。



上落ち延びた皐月と、弟・良門(後の酒呑童子とする)は、将門の首を前に、復讐を誓います。



上将門の無念がのりうつっている、という解釈もあります。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.231899秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298409