今田お盆神楽から。


上いつもの皆さんでございまして~音符

ダイヤそうこうしているうちにダイヤ

今田神楽団の皆さんからお礼状を頂きました。

お礼を申しあげたいのはこちらの方です。。。

今年も何かと細やかにフォローして頂き、ありがとうございました。

又、チラシに入っていた、私の名前がとても大きくて。

お客さんたちから『演目名かと思ったにひひ』と声をかけられました。

演目が出来るくらい、がんばろーっと四葉


さて今田神楽団の皆さん。

昨年秋には、代表演目のひとつ「殺生石」で、栃木県那須町からご招待を受け、伝説の地で、地元の方に披露される機会に恵まれました。

現地に伝わる伝説とは少々異なる解釈もありながら、遠く離れた広島の神楽と言う文化を理解してくださり、大きな拍手を頂いたそうです。

又、今年は千代田の競演でも3位に入賞されましたね。

こうして拘わらせて頂くと、活躍される姿が本当に嬉しいです。

~第一幕 今田神楽団 神降し~

神降しです、という紹介に『よっ!』という掛け声と拍手。。。

儀式舞で心を整える、という方多いですね。

気持ちを鎮め、舞台と気持ちを揃える神楽のはじまりです。



上神々と共に。終演まで、無事に運びますように。
神は森廣 洋さん。



~第2幕 今田神楽団 塵倫~

今田神楽団の新しい一面という印象でした。

仲哀天皇の香浦匠汰さんと、高磨呂の呉川綾平くん(千代田高・3年)は、この日、(ほぼ)塵倫デビュー。

まだ舞い始めて5年くらいという塵倫を、これから背負っていきます。



上地元ならでは。友人、身内からの大きな声援の中!



上堂々たる塵倫の横で、身をかがめて舞台をまわす裏方の皆さん。
クーラーのない舞台裏、頭が下がります。。。



~第3幕  砂庭神楽団  八岐大蛇~

千代田の中でも、お互いのまつりに声を掛け合うなど、繋がりが深い皆さんです。

特徴的な衣装など見どころを、副団長の原 詠史さんに伺いました。

『素戔嗚尊と大蛇は、打ち合わせ無し!迫力の戦いを見てください。

本気過ぎて怪我が多いんですよ・・・アハハハハハ―ッにかっ。』

原さんにつられて、私もお客さんもアハハハハハ―ッにかっ



上毒酒の味見で倒れてしまった足名椎。
手名椎の、必死の人口呼吸と往復ビンタで息を吹き返しました。
素晴らしい夫婦愛を見たわ~。




上はいっ!毒酒の完成でーす。
これは効きそう・・・・




上1対1になって、更に増す緊張感。。。

続きマース。

※今回(いつもかっ)、特に写真がひどくボケてます。すみません。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.581838秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292949