わかっていてもホロリの不思議。


上大男が立ちはだかる姿から“入道雲”。
武蔵坊弁慶の姿と重ねる人もあるそうです。


雲青空にモクモクと湧いた雲を見て雲

『わぁ、にょうどう雲!』と叫ぶ娘。

にょにょにょ・・・にょうどう雲~??

『まだまだ夏だねぇ』と嬉しそうですが。

にょうどう雲って・・・漢字を当てはめてみたら、笑えましたにかっ

星今夜も月いちから星

~第3幕 琴庄神楽団 奥州平泉~

およそ15年前に作った、源九郎義経(現在の平家追討)から、義経の最期をどうしても見届けたくなり、創作されたのが奥州平泉。

『義経を想うと、喜び舞が入れられないんですよ。。。』

平家を滅亡に追いやるほどの武将でありながら、皮肉な運命に若く散る義経ですが。

弁慶をはじめとする一行も、関守の富樫さんも、人間味と仁恩に溢れています。。。

『舞台の神楽人と客席が、共に涙を流しながら語られる演目こそ、琴庄神楽団の十八番でしょう!』とファンの方々はおっしゃいます。



上富樫左衛門泰家の野上正宏さん。
『この役は、特別。舞が無く口上だけということも。又、気持ちの上でも。』




上汝らとは金石の交わりなり。。。



上この終幕が”奥州平泉”なんだと思う~



上弁慶を舞い終わった栗栖和昭さんのおごりっ音符
ありがとう!久々のファンタだったーlove

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.267519秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296550