迸る。
車仕事が終わって、浜田に走りました車

やえちゃんと。

これから神楽に行く、という嬉しさを話しながら。

楽しかったね~っ音符


ダイヤさて、曜日を選ばずに行われるダイヤ

2年に一度の「端小路(はっしょうじ)奉納」。

海と、その暮らしを見守る八幡様です。

元浜町の漁港に用意される小さな舞殿。

神楽幕と一緒に張られる大漁旗。

浜田八調子は、海、それも“日本海”という条件が育ててきたのかな、と胸が熱くなります。



上神迎。
儀式舞から拝見すると“参加”しているような気持ちになります。



ダイヤそしてこの夜はダイヤ

“奉納で初めて舞われた”という塵輪を拝見しました。

前半は重厚に勇ましく舞い、誇らしさに溢れ。

合戦では塵輪を舞う喜びが弾けるようでした。



上二神二鬼の荒々しさ!
赤の鬼が幕を開ける場面で、興奮が増します。


石見の王道を行く舞であるが故に。

結成から15年に向けて歩む亀山の皆さんが。

やっと塵輪の支度が整いつつあり、社中員の皆さんの気運がまとまった、ということなのかな。。。

鍾馗・天神・塵輪・・・定番と言われる舞にこそ、その社中さんの哲学が現れるのかもしれませんね。



上素朴な灯りのもとで、鎧が美しいです。

ダイヤところでダイヤ

その塵輪の鬼着1枚は、西村社中さんからお借りしたもので。

舞台を見守る日高均代表は。

『やっと、塵輪を舞いんさったなぁ』と目を細めていらっしゃいました。

西村社中も発足当時は、道具も衣装も無く、大変な辛苦をされたと伺っています。

ご自分の経験と、色々重なるものがあるようです。

“これから塵輪を大切に育てることが、衣装の恩返しですか?”と聞いてみると。

いつもの穏やかな浜田弁で。

『いつか亀山さんが、頼ってくる若い社中さんに手を差しのべて、その可能性を広げてやれるような存在になりんさることが、恩返しだろうてぇなぁ。。。』

今夜は、この話を聞くために来たんだな~と思いましたにこっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.287197秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286136