ついに観ました~(*^_^*)。


上妖しい・・でも美しい~。松田大地さん。


ダイヤ昨日、神楽の演出について触れましたがダイヤ

伝統芸能という大木から、新しい枝葉を伸ばして。

現在、ずっしりとした実を実らせているのが、中川戸神楽団の皆さん、という印象を持っています。


~第5幕 中川戸神楽団 土蜘蛛~

「第2回大会 平安の悲劇」から。

やっとのことで!

中川戸神楽団の土蜘蛛の前半部分を、直接拝見することができました。

照明室の窓に張り付いて(邪魔っ)。

今更ながら「わー、すご~いぎょ」と。

ファン方々の大きな拍手は、団員の皆さんのアイデアと、日頃の積み重ねに送られているんですね!

さて、人気演目・土蜘蛛。

「土蜘蛛たちは、古代、新しい朝廷が出来る度に生まれ。その証として奈良の都・京都の都にも、小さな墓が残されています。」
 
※石井誠治さん解説文より抜粋



上くもの掃除が、最高レベルで大変だった、とさっにひひ



上鬼の怒りの正体は哀しみです。


うさぎところで、その頃舞台裏ではうさぎ

ガッソのお手入れに、余念のないひー君[5歳・河内洋介さん御子息]。

櫛で丁寧に梳いては。時々被って納得してみたり。

でも「被ってみて。」とリクエストすると、笑って頭を振るんですにかっ



上彼の悩みは「将来、団長になるか、神に絞るか」。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.280104秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297733