三者一体。


上1ベル終了後。心臓バクバク。



上琴庄神楽団 東成憲さん(蜘蛛丸)、早々に準備が整っています。
落ち着いた表情に、こちらも緊張が解れてきます。



ダイヤスペシャルなスペシャルでした~ダイヤ

ひとりひとりの記念大会ですね!と、会場の皆さんの、笑顔に向かってお話をさせて頂きました。

2004年の12月にスタートした神楽スペシャル。

早春神楽とは、趣の異なる共演として誕生して。

回を重ねるごとに、物語への理解と愛着を実感します。

何より、皆さんと10年、一緒に年を重ねてきたことが、一番の喜びです。

これからも、神楽にときめきながら、共に重ねていきましょう。

~第一幕 原田神楽団  胴の口~

昔ながらの演目を見直し、受け継いでいこうと、30年ぶりに昨年復活しました。

前・中・後段の構成で、奏楽は後になるほど急調子になるのは、ご存知の通り。

後段の小太鼓がすごく面白いんです!と水木敏博さんがおっしゃるように、軽快で、気持ちが弾みますねっにぱっ



上荘重、典雅、躍然・・・印象を変えて進みます。
『神楽がはじまる~』と期待が高まります。



~第二幕 庄神楽団  滝夜叉姫~  

「第九回 東日本大震災復興支援・がんばろう!日本」より。

神楽の演目には、東日本が縁の地であるものが多く、この震災には多くの神楽人・ファンが心を痛めました。

神楽は五穀豊穣の祈りと共に、鎮魂魂振(ちんこんたまふり・魂を奮い立たせる)というという役割を持っています。

個々の存在感に魅せられる、圧倒的な舞台でした。



上菊本靖彦さん。爪の先まで滝夜叉姫と思います。



上照明室から。どこから拝見しても、その世界観が崩れることがありません。

※石井誠二さん、解説文から一部抜粋。

続くよ~ん。よ~ん。よ~ん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235589秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289298